育てやすい多肉植物10選!初心者でも挑戦できる、寄せ植えも簡単

スポンサーリンク

 

多肉植物にハマって早半年。始めたのが冬だったこともあり、品種によっては元気が無いなぁと心配したこともありました。
でも、春になった今、みんなすこぶる元気!日々ぐんぐん成長しているのがわかって楽しいです。

半年の中で、枯らしてしまったものもいくつかありました…でも、全く手をかけなくても常に元気な品種もあります。

 

これから多肉植物を始めたいと思っている人は、育てやすい品種が知りたいのではないでしょうか。

 

そこで、私の半年の経験から、おすすめの10品種をご紹介します。どれも育てやすいのですが、見た目の好みでランキングにしてみました。私の独断と偏見ですがお許しを!

スポンサーリンク

10位から6位

ではまず10位から6位。好みの多肉ちゃんに出会えるでしょうか。

 

10位 トレレアシー(別名:天使の雫、天使の涙)

ベンケイソウ科セダム属
成育タイプ…春・秋

水やりの加減がわからずに長い期間シワシワにしてしまったのですが、復活した強い子。その時の様子は別記事で書いています。
https://chie-note.com/how-to-watering

黄緑の色がとてもキレイで、プックリとした女性らしいフォルムがセクシーですよね。

 

9位 銀揃え

ベンケイソウ科クラッスラ属
成育タイプ…夏

 

オレンジの矢印をつけたのですが、どれが銀揃えかわかりましたか?綺麗さや美しさはありませんが、寄せ植えではいい感じの存在感を出してくれます。

 

雑草のように放置していても元気です。よく見るとうっすらと毛が生えているようで、一つ一つの葉の形も可愛いです。

 

8位 黄麗・オウレイ(別名:月の王子)

ベンケイソウ科セダム属
成育タイプ…夏

 

ぷっくりとした厚みにピンとした葉先、蛍光黄色のような鮮やかな色が魅力です。寄せ植えにするととても映えます。セダムは乾燥に強いため、これまで水不足のサインを出してきたことはほぼありません。

 

いい加減そろそろあげようかな…といった感じで適当に水をあげているだけですが、常に元気な状態をキープできる強い子です。

 

2017.9.9追記

育てるのが難しい夏もピンピン育っています!葉挿しも簡単です。

多肉植物と初めての夏、本当に難しかった…沢山ダメにしちゃいました
昨年の11月から多肉植物を集めだし、初めての夏を越すのは本当に大変でした。 上手に管理...

7位 火祭り

ベンケイソウ科クラッスラ属
成育タイプ…春・秋

 

寄せ植えのアクセントに一つ欲しい火祭り。紅葉すると真っ赤になるので、今は緑ですが紅葉が待ち遠しいです。よく日光を浴びさせて、水や肥料を与えすぎないのが、綺麗に紅葉させるポイント。

 

6位 グリーンネックレス

キク科セネキオ属
成育タイプ…夏

 

このタイプは育てやすいことで有名。垂れさがる姿が綺麗で、観葉植物として人気があります。似たような品種で、アーモンドネックレスも育てているのですが、ぐんぐん成長していて強さを感じます。

 

成長がわかりやすい品種は、初心者にとってやる気につながるのでおすすめですよ。

 

5位から1位

トップ5入りしたのはどこ子たちでしょうか。どんどん行ってみましょう。

 

5位 ラウリンゼ

ベンケイソウ科エケベリア属
成育タイプ…春・秋

 

多肉植物にハマったきっかけが、バラのような形をしたエケベリア。その中でも、このラウリンゼには一目惚れでした。

 

水色でも青でもない何と言ったらいいのかわからない綺麗な色。うっすらと粉を拭いている感じも素敵で、私の心を射止めまくりでした。厚みのある花弁もまたいいですよね。

 

水不足になると下の方にシワが入ってくるのでわかりやすいです。水を与えると2~3日後にはシワが無くなります。

 

4位 月美人

ベンケイソウ科パキフィツム属
成育タイプ…春・秋

 

これぞ多肉植物!この丸くプリッとした形は多肉植物の魅力ならでは。この立ち姿を見ていると、月美人という名前が本当に似合うなぁと感じます。

 

「手をかけなくても私は大丈夫よ、そっとしておいてね。」なんて言ってくれている気がします。

 

3位 霜の朝(しものあした)

ベンケイソウ科エケベリア属
成育タイプ…夏

 

先にご紹介したラウリンゼと同じエケベリア属の霜の朝。ラウリンゼよりも好きです。青みの中のピンクがたまりません!見る角度によって紫っぽく見えたりと、色が変わるんです。それに凛とした形も美しい。

 

こちらもラウリンゼ同様、水不足になると下の方にシワが入ってくるので初心者でも判断しやすいです。真ん中の葉に横線が入っているのがわかるでしょうか。これがそのシワです。

 

2位 虹の玉

ベンケイソウ科セダム属
成育タイプ…夏

 

分かりにくい写真でごめんなさい…真ん中の粒がいっぱいついているのが虹の玉です。1つのポットを買えば、沢山カットして寄せ植えに大活躍してくれます。寄せ植えをしてみたい人はぜひ買ってみてくださいね。

 

寄せ植え後に元気でいてくれるか心配でしたが、どれも元気でツヤツヤ&ぷっくりした状態を保っています。
秋から冬にかけて紅葉するので色の変化も楽しめますよ。似たような品種で、乙女心やオーロラもありますが、この子が一番元気な気がします。

 

1位 ブロンズ姫

ベンケイソウ科グラプトペタルム属
成育タイプ…春・秋

 

名前の通り、渋い色をしていてカッコいいです。寄せ植えにしてもアクセントになりますし、何といっても再生力が見事です!

 

多肉植物を育てはじめると、葉挿しに挑戦すると思うのですが、私はこのブロンズ姫だけは100%成功しています。他の品種ではこんなことあり得なかったので驚きです!
 真ん中は、切り取った茎の部分から花が出てきています。周りの子たちは、葉挿し。順調に成長中です。弱っている気配はありません!

 

まとめ

いかがでしたか?好みの多肉ちゃんはいましたか?上位を見ていただくと、私が色味のついた多肉植物が特に好きな事がお分かりいただけたかと思います。

ぜひ寄せ植えにも挑戦してみてくださいね。意外と簡単にできちゃいますよ。https://chie-note.com/how-to-yoseue

今回は10個に絞ってしまいましたが、まだまだ育てやすい品種はあります。さらに経験を積んだ上で、第二弾をやりたいと思います。

多肉植物趣味
スポンサーリンク
この記事が「いいね!」と思ったらシェアお願いします
ちえをフォローする
スポンサーリンク
ちえのて

コメント