1歳でもストライダーに乗れる!楽しめるようになったのは1歳9ヵ月

スポンサーリンク

以前、ストライダーを購入した経緯をまとめた記事を書いたのですが、見てくださる人が意外と多く驚いています。私と同じように、1歳でストライダーの購入を検討して悩んでいる人がいるんだろうなーと思うと、なんだか嬉しくなります。

ストライダーはいつから?1歳7ヶ月で購入!1歳半でも乗れる
ストライダーは2歳からとされていますが、実際はいつから使えるのでしょうか。我が家では購入までにネットで色々調べ、自転車屋さんで話を聞いたり試乗をしてから、1歳7ヶ月で購入しました。その経緯をまとめました。

 

あれから3ヶ月が経過し、息子は1歳10ヶ月になりました。現段階で息子はスイスイとストライダーを乗りこなしていますが、乗りこなせるようになったのはつい最近の事。

 

この間の息子のストライダーの成長についてまとめます。ストライダーの購入時期に悩んでいる人は参考にしてください。

 

スポンサーリンク

ストライダー成長記録

息子のストライダーを乗りこなせるようになるまでの過程です。

1ヶ月目【1歳7ヶ月】

ストライダーをまたいで、少しずつよちよち進むだけ。サドルは一番下に下げていますが、それでも少し高いらしく、サドルの前にお尻がある状態。

 

走っている子よりも進むスピードが遅いため、すぐにストライダーを投げだして走り出していました。もしかしてストライダー嫌い?と思って不安になったりもしました。

2ヶ月目【1歳8ヶ月】

1ヶ月目よりは少し乗る時間が増えてきたかな?という感じ。いや、大して変わらなかったかも。

 

2歳のストラーダーに乗っている子たちはずっと乗り回して楽しそうにしているのに、この子はすぐに投げ出しちゃう…あまり興味が無いのかな?と思って見ていました。

 

でも、タイヤを拭いて家の中に置いておくと、一日一回は必ず乗っていました。2~3分のほんのわずかな時間です。

3ヶ月目【1歳9ヶ月】

ストライダーを楽しめるようになったのはこの頃から!突然サドルに座ってこげるようになりました。

 

すでにこの頃にはサドルを上げました。座れなかったのにもう小さくなるなんて、子供の成長は本当に早いですね!

 

2歳のお兄ちゃんたちのスピードには敵いませんが、ついて行こうと追いかけるようになりました。乗れるようになったのが楽しいようで、ストライダーに乗る時間が増えました。

 

4ヶ月目【1歳10ヶ月】

あっという間にスイスイ乗れるようになり、スピードアップ。!この時点でヘルメットを購入。

Bernの子供用ヘルメットNino購入!サテンフライングタイガー
息子のストライダーと自転車の後ろ乗せで使用するヘルメットを購入しました。購入したのは、Bern(...

 

足を付けながら、坂道を下れるようにもなりました。また、ストライダーに乗ったまま2~3段の緩い階段や大きな石の上に登ろうとします。

 

公園ではストライダー、砂場、滑り台、ストライダーというように、何度もストライダーをしています。ほんの一瞬しか乗らなかった初めの頃と比較すると大違い。ストライダーが大好きになったのですね!

 

ストライダーの購入時期について思う事

1歳7ヵ月から始めたストライダー。日本での対象年齢は2歳と言われている中、早く始めて思ったことがあります。

対象年齢の2歳から始めればすぐに乗りこなせる

1歳のうちは、まだ赤ちゃん感が残る子もいれば2歳に見られるような子もいたりと、体の成長に個人差があります。対象年齢の2歳に始めれば、習得は早いでしょう。

早く始めることでストライダー嫌いになることもあるかも

息子が乗りこなせない時期に、これがきっかけでストライダーを嫌いになっちゃうかも!とか、つまらない乗り物だと思わなければいいなぁ…と思っていました。

 

その為、私は無理に乗せようとしないよう心掛けました。せっかく公園に持って行ったのに1分も乗らなかったときは、えー?と思いましたがそこは我慢。のんびりと乗れるようになる時期を待ちました。

ストライダー仲間がいるのは上達の近道

息子がストライダーを好きになったのは、友達の影響が大きいと思っています。

 

息子には、少し先輩のストライダー好きのお友達がいます。いつもその子がストライダーを楽しそうに乗っている姿を見て、息子も一緒にやりたいと思ったのでしょう。

 

さらに、ストライダーの上達にもいい影響があったと思います。子供は人の真似をするのが上手。ストライダーを乗りこなしている姿を見るのは、上達の一番の近道です。

 

まとめ

ストライダーの購入時期について悩んでいる人は、1歳でも大丈夫です。息子は1歳9ヵ月くらいからストライダーを楽しめるようになりました。

 

ただし、身体や運動能力の発達によって個人差があるので、お子さんの様子を見ながら検討してくださいね。

育児玩具
スポンサーリンク
この記事が「いいね!」と思ったらシェアお願いします
ちえをフォローする
スポンサーリンク
ちえのて

コメント