幼児向け英語教材WWKが続かなかった理由!「飽き」と「他への興味」

スポンサーリンク
久々の幼児向け英語教材WWK(ワールドワイドキッズ)の記事です。つい最近3歳になった長男は0歳の時からWWKをやっています。が、1歳後半から使用頻度は激減、2〜3歳はたまに使っただけです。もちろん英語は喋れず、英単語を習得した程度。

 

今回は、高額な英語教材を買ったけれど宝の持ち腐れにしてしまった失敗談です。続かなかった原因を考えてみたので、これから英語教材の購入を検討している人は、「こんなリスクもあるのね」程度に参考にしてください。
スポンサーリンク

WWKは好きだった

途中からDVDをほぼ見なくなってしまったものの、0〜1歳の時は息子の反応は良く、毎日のようにDVDや絵本、玩具を楽しんでいました。過去記事にも書いたように、動物の名前や乗り物などの名詞はすぐに覚えますし、驚くような発音をしたりして親を驚かせることもありました。また、私も可愛いキャラクターやセンスを感じる映像や歌、玩具に満足しています。

WWKが続かなかった原因

教材は良かったのにどうして続かなかったのか考えてみると、親が一緒に取り組めなかったのが一番の原因かもしれません。絵本はよく読んであげたけれど、DVDに丸投げ。英語を使って教材の玩具で遊んであげられませんでした。

 

幼児向けの英語教材で成果を出しているご家庭は、英語を使って遊んだり会話をしたりと、英語が身近な生活をしているのではないかと思います。英語漬けじゃないと英語は身に付きませんよね。

 

親の取り組み方については私が頑張れば上手く行ったかもしれません。でも、どうやっても太刀打ちできない子供側の原因が2つありました。

飽きた

子供って驚くほど飽きっぽいです。好きなものへの執着はスゴイですが、そうじゃなければすぐにポイ。息子の場合、1歳半になる頃にはDVDに飽きはじめ、1本丸々見続けることはありません。

 

よく考えてみれば同じDVDを何度も見るなんて、大人でも難しいこと。DVDは沢山あるので回していけば良いのですが、結局はWWK。1年くらいは毎日見ていたと考えると、よく頑張ったと言っても良いのかも。もちろん私も飽きました( ;∀;)

他(乗り物玩具)への興味

息子は異常なほど乗り物が大好き!1歳になる頃から赤ちゃん用の図鑑の乗り物ページに興味を示し、3歳になった今でもトミカなどの乗り物玩具が大好きです。

 

乗り物中毒となった息子はいつしかWWKのDVDを拒否し、「乗り物(の動画を)見たい」と言い始めました。英語教材を見続けさせるためには、Eテレを見せない、他の楽しいことを教えないなどの工夫が必要だったのかなと思います。そこまでして英語をやらせる必要があるのか疑問ですが…。

懲りずに次男へリベンジするよ!

約20万円の教材を無駄にするのは勿体無いので、引き続き次男にもやってみようと思います。一人あたり10万円と考えると、幼児向け英語教室に通わせることを考えたら格安。

 

私自身、初めは全く読めなかった絵本もスラスラ読めるようになっていますし、私の英語力アップも目標にします。今回は私も真面目に取り組みたいです。(ちょっと自身ナシ。こういう親の姿勢がダメなんでしょうね。)

おわりに

幼児向け英語教材の購入にあたり、無駄にならないか心配な親御さんも多いことでしょう。我が家の場合、見事に飽きました。それでも、耳は育っているはず。

 

それに、息子の英語への興味は強い方だと思います。よく「英語で何て言うの?」とか歌の歌詞を聞いて「ストーリーって日本語でなに?」と聞いてきたりします。なので、買わなきゃよかった!とは思っていません。(YouTubeで十分だったかも…とは思っていますが^_^;)

 

これから購入を検討している方は、私のようにサボらず一緒に取り組んであげてくださいね。もしかするとお子さんの興味が増して飽きずに取り組めるかもしれません。次男の失敗談も書くことにならないよう、頑張れ私!

 

ワールドワイドキッズ
スポンサーリンク
この記事が「いいね!」と思ったらシェアお願いします
ちえをフォローする
スポンサーリンク
ちえのて

コメント