結婚式用の多肉植物の寄せ植えを作った!ミルク缶にリボンでアレンジ

スポンサーリンク

私の弟の結婚式に向けて、多肉植物の寄せ植えを作りました。以前作ったミルク缶の鉢にリボンをつけて、結婚式の雰囲気を出してみました。

 

寄せ植えのやり方は以前ご紹介しましたので、今回はリボンを付けるまでの簡単な流れを写真でご紹介しますね。

 

スポンサーリンク

【工程1】寄せ植えを作る

寄せ植えを作ります。グリーンネックレスを垂らしてみました。ちょっとしたポイントです!

 

水色の缶は、赤ちゃん用のミルク缶に色を塗ったもの。寄せ植えの作り方とともに、こちらの記事で紹介しています。

多肉植物の寄せ植え方法!初心者にもわかりやすく説明します。
初心者にもわかりやすいように、多肉植物の寄せ植えの方法を、画像と共にご紹介します。ミルク缶を使ってちょっと大きめのサイズの寄せ植えです。

 

寄せ植えで使った多肉植物

  • 銀揃え
  • ビールホップ
  • 虹の玉
  • 月の王子
  • 女雛
  • 火祭り
  • アーモンドネックレス
  • ブロンズ姫
  • トレレアシー
  • スプリングワンダー

結婚式で飾ったあとは弟の家で育ててもらうことになるため、育てやすい品種を集めました。

育てやすい多肉植物10選!初心者でも挑戦できる、寄せ植えも簡単
多肉植物にハマって早半年。始めたのが冬だったこともあり、品種によっては元気が無いなぁと心配したこ...

 

【工程2】リボンを付ける

白系のリボンと茶色のリボンを3mずつ用意しました。まず、白で鉢にくるくる巻き付けます。

次に、リボンを作ります。

白と茶色を2段ずつ輪っかにして重ね、糸で縫い付けます。垂らす部分も後ろ側に重ねて、一緒に縫いました。

 

次に、茶色のリボンで塗った部分を隠します。適当な太さにリボンを折り、真ん中で形を整えながら結びます。ふんわりとリボンを広げれば、リボンは完成!

 

真ん中で結んだ茶色のリボンの余った部分を、白リボンの結び目に結び付けます。すると、こうなります!

リボンの重みで落ちるないように、グルーガンを使って、リボンを直接鉢に付けた部分もあります。結婚式の途中で落ちてきたら大変ですからね。これで完成です!

 

色味が緑ばかりだったので、霜の朝(あした)を追加してみました。喜んでもらえるといいなぁ。

 

まとめ

多肉植物の丸み、ぷっくりとした可愛らしさ、綺麗な色味は結婚式にもピッタリ。もし自分の結婚式の時に多肉植物に出会っていたら、ウェルカムボードを作りたかったです。立体的でゴージャスなウェルカムボードができそうですよね!

 

今回はミルク缶の大きさなので、結婚式の会場ではちっぽけに見えるかも…という心配はありますが、少しでも結婚式に花を添えられたらいいなと思います。

コメント