トミカ収納棚を簡単DIY!材料と作り方をまとめました

スポンサーリンク

トミカ収納棚をDIYするための材料と方法

毎日毎日、家中に散らかるトミカ。「全部捨てるぞ、コノヤロー!」と発狂寸前。そこで、3歳の息子に自分で片付けてもらおうと収納棚を作りました。

並べる場所があれば、お片付けしてくれるはず!

 

なかなか立派な収納棚が、簡単に作れました。材料と作り方をまとめます。

 

スポンサーリンク

使用した材料や道具

まずは、必要なものを揃えましょう!

【木材】ホームセンターとダイソーで調達

必要な木材は、ホームセンターの店員さんに相談しながら選びました。選んだのは、板をはめる溝があり、ネジで留めれば簡単に棚が出来ちゃうというコレ。4つ買います。

それと、写真上の6枚の板は、長い一枚板(パイン材)を2枚選び、それぞれ3等分にカットしてもらいました。

 

あとは、ダイソーの細い木。これはトミカが落ちないように車止めとして使います。

購入した物
●棚板用マルチ支柱(19㎜棚板用 23×50×910㎜) ×4
●パイン材(1×6材 19×140×1830)×2 →それぞれ3等分にカットしてもらう
●ダイソーの細い木3本セット ×2

【道具】電動ドライバーがあれば早い!

木材以外で必要なものはこれだけ。

  • ネジ
  • 電動ドライバー
  • ノコギリ
  • 木工用ボンド
  • ヤスリ

 

電動ドライバー以外は100円ショップで手に入ると思います。

 

電動ドライバーは本当に便利!素人でも気軽に使えますし、なんと言っても作業が一瞬で終わるのが魅力。買って損はありません。

 

作業時間は40分!とっても簡単な作り方

いざ、制作!子供二人の面倒を相手をしながらでも、あっという間にできました。

1.溝に板をはめる

6枚の板を溝にはめ込みます。背の高い乗り物も置きたいので、板を入れない部分も作りました。

 

2.ネジをとめる

穴にネジを差し込み、ウィーンとやるだけ。簡単です。

 

3.車止めを接着

ダイソーの細い木をノコギリで切り、木工用ボンドでくっつけます。

 

4.ヤスリをかける

仕上げに目の荒いところはヤスリをかけてあげると安心です。私は気になるところがなかったのでやりませんでした。選ぶ木材によって必要かも。

 

【完成】トミカ収納棚

「トミカ収納棚」と言いつつ、他の物もいっぱい並んでいますが…。箱にゴチャゴチャしていた乗り物たちがスッキリしました。

 

板の手前に車止めがあります。このおかげでトミカがキレイに並び、棚が動いても落ちてくることはありません。

 

おわりに☆玩具棚を手作りしてみよう!

この棚を作って以来、息子は(すこしだけ!)お片付けをするようになりました。また、棚を立体駐車場に見立てて、よく遊んでいます。

 

こんなにいっぱいあっても片付けが大変なだけだと思っていた乗り物たちも、こうして並んでいると可愛く感じます。作って良かったです。

 

今回のトミカ収納棚はDIY初心者でもできるレベルなので、トミカの収納に悩んでいる人はお試しくださいね。また、玩具棚としてもアレンジできると思います。

Let’s DIY!!

ハンドメイド・DIY育児
スポンサーリンク
この記事が「いいね!」と思ったらシェアお願いします
ちえをフォローする
スポンサーリンク
ちえのて

コメント