2歳からのレゴ!デュプロを飛ばしてレゴジュニアとクラシック購入

スポンサーリンク

知育玩具はやっぱり木の玩具でしょ!と木製玩具にばかり注目していたのですが、偶然が重なりレゴの魅力に取りつかれてしまいました。(←親が!)

現在息子は1歳11ヶ月。1歳半から使えるレゴデュプロという大きなパーツのシリーズがありますが、それを飛ばして通常の小さいパーツのレゴを与えることにしました。

それを選んだ経緯や、我が家での遊び方などについてご紹介します。

レゴとの出会い

1歳11ヶ月、さいたま新都心のcocoonへ友達と遊びに行きました。その時に立ち寄ったレゴのお店。

大きなパーツのデュプロで自由に遊べるスペースがありました。黙々と何かを作っています。

一人でこれを作りました。

初めてやったレゴでこれだけできるなんて!と私は驚き、店員さんにも褒められて嬉しくなりました。

この時、私はレゴのお店の世界観がたまらなく可愛く感じました。私の幼少期といえばリカちゃん人形、弟はミニ四駆やガンダム、レゴとは無縁…レゴ自体は知っていましたが、ディスプレイされている商品を見て、こんなに可愛いものだったのー?と衝撃を覚えたのです。

レゴについて調べた

レゴが気になりだした私は、家に帰るとレゴについて調べ始めました。1歳半から使えるのが息子が遊んできたレゴデュプロ、それ以外のシリーズは通常のレゴ。こちらは商品によって対象年齢は様々ですが、簡単なものだと4歳以上からになります。

レゴを購入するにあたり、私が悩んだ問題点は以下の2つ。

【問題1】デュプロは積み木よりも難易度が低いのでは?

現在、我が家には積み木が3種類あります。息子はデュプロよりも小さなサイズのつみきを上手に扱っているため、もしかするとデュプロはすぐに飽きちゃうのでは?という心配がありました。

息子の積み木遊びの様子をご紹介しますね。

パパがサポートしながら、お家作り。

こちらはサポート無し。積み木とトミカの積み上げ。この遊びはよくやっています。絶妙なバランスです! 

私と一緒に作った公園。テーブルとイス、滑り台、鉄棒、砂場を作りました。トミカを滑り台の上から滑らせていますね。 見立て遊びはバッチリ。

カラフルな小さなサイズのくもん図形キューブつみきは、見立て遊びに最適。おままごとにも活躍していますよ。

くもんずけいキューブつみきを購入しました。1歳の息子が使っているのですが、対象年齢は3歳以上。 ...

このように積み木で遊んでいる姿を見ると、白木のつみきとほぼ同サイズのレゴデュプロをあえて買う必要があるのか疑問でした。

【問題2】積み木とブロック、どちらも必要なのか?

そもそも積み木とブロック、両方必要なのでしょうか。ブロックには組み立てたものを動かして遊べることや、積み木よりもより複雑な形を作ることが出来るメリットがあることは理解しています。

ただ、私がこの時期に伸ばしたいと考えている

  • 創造
  • 想像性
  • 空間認識能力
  • 集中力
  • 五感の発達

これらのポイントは、積み木とブロックのどちらからでも得られると思うのです。知恵袋でも、どちらもあるに越したことは無いけれど、どちらか一方でも問題ないという回答が多くありました。無駄に物を増やしたくないと考えている私はさらに悩みます…

レゴ購入

レゴで頭がいっぱいの中、私の実家へ帰省。じいじが玩具を買ってくれるとのことなので、一緒に玩具屋へ行きました。この時点でも、私はレゴを買ってもらうかどうか決められずにいました。

息子がお店のデュプロで遊ばない!

とりあえず、レゴのコーナーへ直行。ありがたいことに、デュプロでもレゴでも遊べるようになっていました。まずデュプロで遊ばせてみます。その間に、私はレゴについて親へ説明。

すると、息子はすぐにデュプロを放り出し、小さなレゴの方へ行ったのです!小さなタイヤのパーツを取り出し、ブロックをくっつけようとしていました。

もう一度デュプロへ誘ってみますが、レゴから離れません。そこでじいじの一言!「小さい方がいいんじゃないか?面白そうだぞ。」これで私の心は決まりました。

購入したのはレゴジュニアとレゴクラシック

購入したのはこちらの2セット。


後日、レゴ収納のボックスが欲しくて、レゴ (LEGO) クラシック 黄色のアイデアボックス プラス 10696も追加しました。

対象年齢は4歳から。ジュニアはEASY TO BUILDと書かれていて、他の物よりも組み立てやすくなっています。とは言っても、対象年齢が4歳からであることに変わりありません。もうすぐ2歳の息子はできるのでしょうか?

開封。

ちっちゃー!!!!!こんなの私でも無理~!!!!!というのが正直な感想。あとでデュプロを買い足そうかなぁ、これは後からでも使えるし…なんて考えるほど。

でも、とりあえず私が組み立ててみました。

息子そっちのけで夢中になった私。組み立てるの楽しいー!出来上がった姿も可愛いー!と、どっぷりとレゴの世界にハマりました。

息子の反応

私がハマったなんてことは、どうでもいいんです。大切なのは息子の反応ですよね!

帰省中の6日間

購入直後の帰省中の様子から。まず、私が作ってあげたもので遊び始めました。そして破壊します。説明書を見て組み立てるなんてことはできませんが、外れたところは適切な場所にくっつけようとします。

この帰省中の6日間、毎日レゴを出しては遊んでいました。楽しめるようになるには時間がかかりそうですが、パーツをはめることはできますし、すぐに組み立てて遊べるようになるのではないか?と私の両親も言っていました。

その後の様子

レゴへの反応が思いのほか良かったため、家の中にレゴの遊び場を作ることにしました。イヤイヤ期真っ只中で、気に入らないことがあると物を投げてしまうため、レゴのパーツが部屋中に飛び散るのを防ぐためでもあります。

部屋にプールを設置!

空気を入れないタイプ。直径150㎝くらいで、折り畳みも簡単。

親子3人で入ることも可能。ちょっとダサいですが、パーツを拾うストレスが無くなるのは嬉しいです。もう少し大きくなったら、レゴ用のケースやテーブルを用意してあげたいですね。

2017.9.12 追記レゴテーブルをDIYしました。

息子の為にレゴテーブルをDIYしました!設計図は作成せず、行き当たりばったりで作りましたが、なかなか上...

説明書と同じ物だと理解している様子。パパが組み立てをしているところをじーっと観察したり、パーツを探すお手伝いをしています。

説明書を見ながら、私と夫で作りました。残りのパーツはネット上に作り方が出ているみたいです。お家はパカッと半分に開いて、家の中に人を入れることもできるんです。可愛い…

帰省中はブロックを破壊しまくっていた息子も、「ママが一生懸命作ったから、投げないで、そーっと置いてね」と言うと、そーっと優しく床に置いてくれました。動かす時も、壊さないようにそーっと動かしてくれました。

その直後、積み木は激しく破壊していたので、ブロックは壊してはいけない物だと理解したのかもしれません。丁寧に扱えるなんてすごい!と息子の成長に感動。

まとめ

私の結論!2歳からでもレゴは使えそうです。息子がレゴにハマるかどうかはこれから見ていこうと思いますが、親がレゴを楽しいと思えたことはいいことだと思っています。

子供の興味を引くには、親が楽しそうに遊ぶことが大切らしいのです。レゴに夢中になっている親の姿を見たら、息子も興味を持ってくれるかなぁ…なんて考えています。今後も息子とレゴの様子を記録していきますね。

2017.8.31追記 レゴを3ヶ月やってみての感想と2歳の息子の作品をまとめました。

レゴデビューの記事がちょこちょこ見てもらえるようになってきました。私のように普通のレゴか、大きいサイズのデ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする