食べない子供との3年の格闘記録!毎日イライラ怒るのはもうやめた

スポンサーリンク

子供がご飯を食べてくれなくて、毎日イライラしているママは多いはず。今3歳の長男は「食べる」より「遊ぶ」のが好き。体を作る大切な時期だから食べさせなきゃ!と頑張ってきましたが、気付けば離乳食を始めてから早3年。3年も食事のたびにイライラしていたのか…と、愕然としました。

 

私が頑張れば食べてくれる!と信じていたけど、食べない子は何をしたって食べません。怒るだけ無駄、という結論に至りました。とは言うものの、一時的に効果のあった事はいくつかあります。この3年間の格闘の記録をまとめました。

 

スポンサーリンク

食べない長男にブチギレる日々

食べさせたい私と食べない息子の長い長ーい3年間。子供の成長に連れ、私のイライラは募っていきます。

0歳 離乳食よりおっぱい

すったり潰したりと手間がかかる離乳食作り。普段買わない食材を買ったのに食べなくてガッカリ(高かったんだぞ!)なんてこともありました。残しては捨てることがほとんどだった気がします。でも、おっぱいはよく飲みました。

1歳 ごはんよりおっぱい

1歳になってもおっぱい大好き。生後半年からおっぱいの栄養はどんどんなくなっていくと知り、とにかく「ご飯を食べて!」と願いながら料理をしました。でも食べない。パンや果物は食べるのに…。

 

同じくらいの友達の食事量を見てショックを受け、無理矢理食べさせることもありました。が、変わり無し。

2歳 ごはんより遊び

この頃から私がイライラするようになります。ほんの少し口に入れるとすぐに席を立って遊びに行くのです。連れ戻しても、少しだけ口に入れ、すぐにまた立ちます。言葉が早かったこともあり、「これだけ言ってどうして伝わらないの?」という思いと、頭が悪くなる!運動神経に影響したらどうしよう!という焦りがありました。

 

座っていられないことで障害も疑いました。でも、立ってしまうのは家でのご飯のときだけ。外では聞き分けのいい子。それに、外食だと最後まで座っているから不思議です。

3歳 ごはんより遊び&お喋り

口が達者になり、私のイライラはピークに!目の前にご飯があると、色んなことが気になって質問攻め。喋ってばかりで箸が進みません。

 

食べようね
ご飯さんが食べてーって言ってるよ
早く食べなさい
いいから黙って食べる!
何回言えばわかるの!
いい加減にしなさい!
食べ終わるまでママは喋りません!

 

こんな感じで私の言葉はキツくなっていきます。一日何回「食べなさい」と言ってるんでしょうね…。
 
言えば言うほど息子は逃げ方やごまかし方を覚えるし、「ママ、食べさせてー。」とグズグズ。イライラしている時は「食べれるでしょ!」と怒ることも。毎日怒ったり小言を言ったり、なんかもうバカみたい。

躾の問題?やる事はやってきたと思う

「食べないのは躾ができていないからだ」という意見もありますが、Yahoo知恵袋や育児サイトに書かれていることはほぼやりました。それでも大して効果はありませんでした。私のイライラが増すだけ。

 

例えば、時間を決めてお皿を下げたり、おやつを与えないとか。「これを食べないと今日のおやつは無いからね!」と言うと、「うん。」と言っておやつより遊びを選びます。また、食べている間は付き添ったり、テレビを消して家族団らんの楽しい雰囲気作りを心掛けたり。

 

知恵袋には「うちの子は厳しくしつけているから1歳でも座って完食しますよ。あなたが甘いです!」という意見をよく見かけ、それを見るたびに私が悪いんだ…と何度落ち込みイライラしたことか。

一時的に効果のあった食べさせる方法

色々試してきた中で、息子が喜んで食べてくれたことがありました。ブームはすぐに過ぎ去るので一時的ですが、試して見る価値ありです。

おにぎりに栄養詰め込み大作戦

ひじき、ツナ、サケ、鶏肉、チーズ、ワカメなどの栄養のある食材を使って小さなおにぎりにしました。午前中公園で遊ばせ、おにぎりを食べて帰ってきます。小松菜チャーハンや具沢山の炊き込みご飯も栄養が摂れるのでおすすめ。

お弁当大作戦

「お弁当を作って!」と言われた時期があり、公園に持っていったり、家での食事をお弁当にしたりしました。

「豪華」なプレート大作戦

プレートに可愛く盛り付けると気分が上がるようです。「豪華だねー!」と喜んで食べてくれました。でも、食べてくれなかったときの心のダメージは半端ないです。笑

デザートが待ってるぞ!大作戦

息子は冷凍ブルーベリーが大好き。この為なら頑張って食べてくれることがありました。

昼寝を遅くして3時のおやつ無し大作戦

食べない子はそもそも一度に沢山食べれない場合が多いと思います。息子もそうで、おやつを食べてしまえばもちろん夕食は食べれなくなります。そこで、お昼寝を3時頃からにして起きたら夕食にしました。この場合、結構食べてくれることが多かったです。

食事で苦労するママが精神的に楽になるためのアドバイス

たかが食事、されど食事。食事は1日3度ありますから、食事がうまくいかないのはかなりの精神的ストレスです。落ち込んだりイライラしないためのアドバイスをいくつかご紹介します。

「おかあさんといっしょ」の完食映像は見ちゃダメ!

プレートいっぱいに豪華なメニュー。それをモグモグ完食する3歳児。うちの子の何倍もの量を食べてる、しかも最後まで一人で座って食べれるのか、と落ち込みます。イライラしている時は絶対に見ちゃダメ!

他の子と比べない

息子と月齢が近い子たちが座ってモグモグ食べていると、「どうして?」と不思議でたまりませんでした。食べるのが大好きな1歳の子のママは、「食べている時が家事のチャンス!」と言っていてビックリ。こっちは3歳なのに付きっきりじゃないと食べないよ!

 

息子程食べない子が周りにいなかった(ママ友自体少ないけど)ことで、息子がおかしいんじゃないか?私の料理がマズいの?食事の与え方や躾を間違った?と自分達を責めてはイライラしてしまいました。息子のペースを尊重してあげないといけませんでしたね。

いつか食べる日が来るから大丈夫

食べない息子も3歳になり、少しだけ食事量が増えてきました。ここまで来ると、いつか食べる日が来るんだ!と思えるようになってきました。

 

よく考えてみれば、大人で遊んでばかりで食べれない人いません。いつになるか分からないけれど、いつか食べるようになるはず。そのタイミングがこの子は遅いだけ、そう思うようにしたら楽になりました。

おわりに

食べない息子との格闘の日々は終わっていません。これからも続きます。でも、息子は息子のペースで少しずつ食事量を増やしていけばいい、今ではそう思っています。

 

初めての育児で理想を持ち過ぎていたのかもしれません。長男には怒ってばかりで悪いことをしてしまったなぁと反省しています。たぶん次男も食べない子だったとしてももう怒らないはず。

 

長くなっちゃいましたが、子供の食事でイライラしているママが私の体験談を読んで少しでも楽になりますように。

育児
スポンサーリンク
この記事が「いいね!」と思ったらシェアお願いします
ちえをフォローする
スポンサーリンク
ちえのて

コメント