【1歳】買ってよかった本や玩具!知育効果あり&反応の良かったもの

スポンサーリンク

息子はもうすぐ2歳。1歳の成長は目まぐるしく、赤ちゃんだったはずの息子もあっという間にキッズ。公園を駆け回り、ジャンプをしたり、言葉をどんどん覚えていく姿を見ると、嬉しいような寂しいような気持ちになります。

そんな1歳の間に活躍した玩具や本を、今回はご紹介します。知育効果のありそうなものを中心に集めました。どれも息子が夢中になったものばかりです。玩具選びの参考にしてくださいね。

1、図鑑

1歳になる前から興味を示しだし、それからは図鑑漬けの毎日。指差しから始まり、「これは?」と聞くようになり、2歳目前の今では自分で物や生き物の名前を言うようになりました。

恐竜の図鑑はまだ1歳には早いですが、それ以外は1歳にぴったり。息子の反応を見ていると、え!これをいつの間に覚えてたの?と驚きの連続です。子供の頭はスポンジというのは本当なんだなぁと実感するはずです。1歳半の頃には、車の種類は私以上に覚えていましたよ。

こどもずかんは、とっても可愛いイラストの図鑑。息子は乗り物が大好きなので、特にくるまとでんしゃは毎日キャッキャ言いながら楽しそうに見ています。

はじめてのずかん300は実物の写真なのでわかりやすいです。いずれも英語付きなので、大人も勉強になります!

2、歌絵本

歌絵本は、あまりの反応の良さにママ友の間で流行りました。右のだいすきピアノえほんを持っていたのですが、ママ友にだいすきえいごのおうたえほんもすすめられて、追加購入。

息子はだいすきえいごのおうたえほんの方が反応がよく、今ではきらきら星やHappy Birthday to You、数字の歌などを上手に口ずさんでいます。CDをかけたりせずに、いつでも音楽に触れられるので便利ですよ。

3、おままごとセット

男の子はおままごとをしないと思っていたのですが、英語教材WWKの玩具と、頂き物のウッディプッディ はじめてのおままごと サラダセット (木箱入り)で、可愛い木のおままごとセットが揃いました。

息子が受講しているワールドワイドキッズ。半分のStage3まで受講したところですが、息子の反応も良く効果も感じています。1~3のステージごとの特徴と、教材内容について写真と共に紹介します。

すると、どっぷりおままごとにハマったのです!我が家はキッチンに仕切りを付けていないため、自分でキッチンから鍋やフライ返しを持ってきては、おままごとセットと合わせて遊んでいました。

子供の観察眼には日々驚き!フライパンを扱う仕草や野菜を炒める様子は、実際に料理をしているようです。食育にもつながりますし、卵をかき混ぜたりソラマメの皮むきなど、料理のお手伝いもしてくれます。

4、つみき

1歳は積み木遊びを沢山しました。積み木の知育効果はよく知られていますよね。息子はバスに見立てて走らせたり、トミカと一緒に積み上げたり、階段を作って人形を歩かせたりするなど、遊び方は無限大。

長方形の白木の積み木は、スマホになったりバスになったりマイクになったり。子供の想像力って本当にすごいんです。木を触っていると、私自身も癒されました。

また、くもん図形キューブつみきは特におすすめ!おままごとにも使えますし、色合いやサイズ感が可愛くてお気に入りです。

くもんずけいキューブつみきを購入しました。1歳の息子が使っているのですが、対象年齢は3歳以上。 ...

5、乗り物関係の玩具

男の子は乗り物が大好き!息子も乗り物が大好きなので、家には乗り物の玩具だらけ。あまりにも増えてしまったため、厳選して記事にしました。ストライダーも大好きです!

乗り物が大好きな息子はもうすぐ2歳。電車よりも車の方が好きみたいです。工事現場の車や消防車や救急車、パトカーな...

6、カップ遊び

先輩ママからプレゼントしてもらったカップ重ねの玩具。色や大きさの識別の勉強になります。

1歳のうちは、カップに物を入れたり、順番は関係なく重ねるという遊びが多かったです。でも、2歳目前の今、なんとなく大きさの違いが分かってきたようで、順番に積み重ねることができるようになりました。これから先も長く使えそうです。

7、ボール

私がサッカー好きなので、歩きはじめた10ヶ月からキックを教えています。息子は思ったほどボール遊びはしませんでしたが、上手にキックできるようになっています。

ここ最近は、ボールをキャッチする遊びがお気に入りみたいです。全くキャッチできませんが、とても楽しそうです。キャッチボールは動体視力を鍛えるのに効果がありそうですね。

8、パズル

パズルは毎日の日課。1歳になった頃、ダイソーの乗り物パズルを与えました。100円なのに、木製でしっかりしています。絵も可愛いのでおすすめです。

写真上段のパズルは30ピースと35ピース。対象年齢は4歳からですが、1歳でもできました。始めたのが1歳7ヵ月。初めの1ヶ月は全くできず、早すぎた…と思ったのですが、一ヶ月後には自分一人でできるようになりました。

息子はパズルが大好きなようで、一度完成しただけでは満足せず、「もう一回!」と言い、何度も繰り返しやっています。ピースを見ただけで、ここ!と一瞬で指さすようにまでなりました。パズル全体の絵が完璧に頭に入っているように感じます。

まとめ

いかがでしたか?初めての育児はどんな玩具を与えたら良いかわかりませんよね。私は幸運なことに、身近に少し先輩の男の子がいるので、その子が楽しそうに遊んだものを真似したりして取り入れています。

まだできないだろうと思っても、子供はあっという間に成長し、気付いたら色々なことができるようになっています。ちょっと難しいかな?と思うくらいの玩具を与えて、サポートしてあげながら遊ぶと良いと思います。

育児グッズについてもまとめました!こちらもどうぞ。

ベビー用品、育児グッズはとても種類が多く、何を買えばよいのかわかりませんよね。私は口コミをチェックしてから買う...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする