【ランドセルラックを簡単DIY】材料はカインズの連結できる木製ラック!収納力抜群で兄弟使いOK

こんにちは!
今回は長男の小学校入学に向けてランドセルラックを作りましたので、作り方を紹介します。

機能&見た目&価格など個人的に満足しているので、既製品に理想的なラックが無いという人は作ってみるのもオススメですよ。

スポンサーリンク

なぜDIY?既製品のランドセルラックに満足できない!

もちろん既製品のランドセルラックは一通り調べましたが、納得できるものに出会えませんでした。

無印良品のスタッキングラックを活用されている方も多いようですが、収納下手には難易度の高い家具だと感じました。

我が家は賃貸アパート暮らしのためスペースも収納も足りておらず、ランドセルラックひとつ追加するのも大問題。
とはいえ、ランドセルを床に置いておくのも邪魔なので、ラックは必須。

ランドセルラックを置くからには、収納力があって子供用品をできる限り収納してしまいたい!という思いがありましたので、ランドセルと教科書をちょこっと収納する程度のランドセルラックでは不十分でした。

このタイプはハンガーラックも収納もあっていい感じですが、ランドセルの位置が高いですね。

重いランドセルを小学生が上げ下げするのは大変なので、ランドセルの位置は低いものが理想です。

 

理想的な形が無ければ、作るしかありません!

 

ちえ
ちえ
本当は子供部屋を作ってあげて、入園グッズをゆったり置いてあげたいんですけどね……。
同じような思いの方、いるんじゃないかな?

ランドセルラックの理想の条件

そこで、我が家なりに理想的なランドセルラックの条件を考えてみました。

  • 兄弟で使える
  • ランドセルを低い位置に置ける
  • 服をかけられる
  • バッグや鍵盤ハーモニカなどを置くスペースがある
  • できる限り、子供の荷物を置いてしまいたい!
  • 引越し時などに分解できる(転勤族なのでこれ重要!)

 

この条件を元にイメージを膨らませて、カインズへGO!
理想的なランドセルラックが作れましたので、ここからは材料や作り方を解説していきます。

 

スポンサーリンク

我が家のランドセルラックはカインズの連結できる木製ラックで簡単DIY!

まず、完成形がコチラです。

材料を買ってきて、夫婦で1時間ちょっとで完成できました!

板のカットも必要ありませんので、手軽なDIYです。

子供用品以外も収納していますが、かなり使い勝手が良いです。

ちえ
ちえ
パイン材のナチュラルな雰囲気もいい感じ!

DIYランドセルラックのお気に入りポイント

作ってからしばらく使ってみて、気に入っているポイントはこの4点。

  • 制服や上着をかけられる
  • ランドセルは2つ並べられる
  • 学校関係の物はすべて置けちゃう大容量
  • 棚位置の調整や解体ができる
  • 安く作れた!(総額15,000円程度です)
スポンサーリンク

ランドセルラックの材料

カインズで購入したもの

  • C10 木製ラック66 4段 ナチュラル(5,980円) ×2
【カインズ】C10 木製ラック66 4段 ナチュラル
C10 木製ラック66 4段 ナチュラルならカインズ。オリジナル商品やアイデア商品など、くらしに役立つ商品を豊富に品揃え。7000円(税込)以上で送料無料。店舗在庫の確認、取り置きもできます。
  • C8 木製ラック45cm専用棚板 ナチュラル(798円) ×3
【カインズ】C8 木製ラック45cm専用棚板 ナチュラル
C8 木製ラック45cm専用棚板 ナチュラルならカインズ。オリジナル商品やアイデア商品など、くらしに役立つ商品を豊富に品揃え。7000円(税込)以上で送料無料。店舗在庫の確認、取り置きもできます。
  • 約45㎝ポール (198円)×1
  • ジョイント J-102A(98円) ×2
ちえ
ちえ

ジョイントは、もう少し高さのあるものが良いかも。

ハンガーによっては、取り出しにくいものがありました……。

自宅にあったもの

  • サンドペーパー
  • オレンジオイル
  • 電動ドライバー
  • ビス (ダイソー)
スポンサーリンク

ランドセルラックの組立

それでは組み立てていきます!

1.棚板にポールを取り付ける

ラックの棚板を1枚取り出し、ポールを取り付けます。

ジョイントをはめて、ビスを電動ドライバーで固定するだけ。

2.説明書通りに組み立てる

組み立て方は簡単です。

付属のネジを使って、好きな場所に棚板を固定していきます。

棚を組み立てたら、x型のワイヤーを背面にとめて完成です!

45㎝の棚板で2つの棚を繋げています。

この後、ごみ箱のスペースが勿体ないと思い、同じ棚板を2枚追加し、中央の収納を3段にしました。

3.サンドペーパーで磨く

ご覧の通り、木の表面がザラザラしていたり、ささくれのようになっていたりするので、軽くヤスリがけをしました。

この作業は、子供たちにやってもらいました。

4.オイルで仕上げる

最後に、オレンジオイルで軽く磨きます。


オレンジオイルはベタつかず爽やかな香りがするので、木製製品のメンテナンスにおすすめ!我が家ではテーブルや食器棚にも使用しています。

ちえ
ちえ
面倒でなければ、組み立て前にニスを塗るのも良いと思います!
スポンサーリンク

カインズで大容量&多機能ランドセルラックが作れちゃう!

カインズの連結できる木製ラックを使って、理想的なランドセルラックを作ってみました。収納力抜群で、ハンガーラックやリビング収納としても活躍してくれています!

 

棚板の調整や解体も簡単なので、引越しや子供の成長に合わせて形を変えながら使っていこうと思います。

既製品のランドセルラックにピンとこなかった人は、自分で作ってみてはいかがでしょうか?

 

こちらの記事も合わせてご覧ください!

ダイソーの500円折り畳みラックより使いやすく!補強&ペイントしてみました

【キャンプギアDIY】カーテンでレクタタープを作ってみた!作り方を公開

コメント

タイトルとURLをコピーしました