【カブトムシ飼育】蛹から成虫になる(土から出てくる)までの期間は何日?幼虫6匹で検証してみた

子供たちが大好きな昆虫の王様といえば「カブトムシ」。今年、我が家では、6匹のカブトムシの幼虫をもらって飼育に挑戦してみました!

成虫になる日を心待ちにしていた私は、

  1. 蛹になった日
  2. 脱皮した日
  3. 土から出てきた日

を記録。今回はその記録をもとに、カブトムシが蛹から成虫になるまでにかかった期間をまとめてみます。

スポンサーリンク

我が家のカブトムシの飼育環境や方法

カブトムシの成長スピードは、土の温度などの飼育環境に影響されるとのこと。我が家の飼育環境は以下のとおりです。

◆幼虫の産地

長野県

◆飼育場所

6月上旬から栃木県にて飼育開始。直射日光の当たらない室内で、エアコンは付けたり付けなかったり。なかなか暑かったと思います。

◆飼育方法

プラスチックのカップに8割程度の土を入れ、1匹ずつ飼育。乾燥しないように蓋をしめ、ストロー用の穴だけ開けておきました。土の乾燥が気になったときは水を追加します。

子供に「中の様子をもっと見たい!」とせがまれたので、前蛹の段階で、1匹だけトイレットペーパーの芯を使った人工蛹室に移動させました。

↓は蛹になったあとの写真です。ご覧の通り、蛹の神々しい姿を観察できました!

スポンサーリンク

【結果】蛹から脱皮を経て土から出てくるまでの期間=23〜26日!

6匹の幼虫は、すべて成虫になりました。奇形の子もいなかったので、初めての飼育にしては上出来です!

さて、今回の課題「蛹から成虫になるまでの期間は?」の結果を見ていきましょう。

性別飼育方法蛹になった日脱皮した日蛹から脱皮までの日数土から出てきた日脱皮から出てくるまでの日数蛹から出てくるまでの日数
プラカップ6/187/214日7/1210日24日
プラカップ6/207/1323日
プラカップ6/207/1323日
人工蛹室6/237/714日7/1912日26日
プラカップ6/237/1825日
プラカップ6/267/1923日

この表から導き出された結論は、蛹から成虫になるまでの期間は23〜26日。蛹になってから、1ヶ月以内には土から出てきてくれることがわかりました。

でも、よく考えると脱皮した時点で成虫。ということは、「脱皮するまでの14日間」が答えですよね……。

しかーし!私が知りたかったのは、土から出てくるまでの期間なので、「蛹になってから土の外に出てくるまでの期間は23〜26日」と結論付けさせていただきます!

⚠1ヶ月以上かかるという情報もありますので、あくまでも我が家で調べた結果ということでお願いします。

スポンサーリンク

検証結果からうまれた新たな疑問! オスのほうが成長が早い?

カブトムシが出てきたのが、♂♂♂♀♀♀の順番だったので、もしかしてオスの方が成長が早いのでは?という仮説を立ててみました。

同じ場所から掘り出した幼虫なので、同じ日に同じ母親が産んだ卵だとすると、そんなこともあり得るだろうと思ったのですが、調べてみると性別による成長スピードの違いは無いようですね。偶然だったみたいです……。

チエ
チエ

「大発見だー!」って一瞬ワクワクしたのは、ここだけの話。

たった6匹じゃ、検証も何もないよね……。

スポンサーリンク

虫嫌いの大人までが夢中になるカブトムシの飼育! 子供との自由研究にもいいかも 

子供のためにと、初めてカブトムシの幼虫を育ててみましたが、気付いたら私が一番熱中していました。

今回のように記録を取ってみると、自由研究をしている気分で、毎日が楽しくなりました!来年も同じ検証をしたら、同じ結果になるのでしょうか。子供と一緒に、また調べてみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました