ワードプレスブログは孤独!続けるために仲間は必要かも

スポンサーリンク

2017年2月から始めたこのブログ。開設から7ヵ月経ち、記事数は150を超え、来てくださる方は一日に500人を超えるようになりました。

有名ブロガーさん達と比べたら足元にも及ばないアクセスですが、こんなに見てくださる方が増えたのは本当に嬉しいです!

ワードプレスでのブログは孤独と言われますが本当です。全然見てもらえない日々が続きましたから、成果が出た時の喜びはひとしおです。

結果が出るまでに時間がかかるワードプレス。でも、私がここまでワードプレスにハマったのは、仲間がいたから。そう改めて実感した出来事があったので、孤独なワードプレス運営に必要な仲間について考えてみます。

軌道に乗るまでに時間がかかるワードプレス

このグラフで、やればやる程結果が付いて来ることは一目瞭然。

みんなが挫折する最初の3ヵ月なんて、良くて一日20人くらい。一日に1人とか5人とか、1,000文字以上の記事を毎日のように書いているのがバカバカしく思えてきますよ。

コメントも来ないし、無料ブログの方が見てもらえる…これだけ時間を費やすなら、外で働いたほうがマシだと思ってやめる人がいるのも納得です。

身近にワードプレス仲間が2人いる

そんなワードプレスブログを続けられたのは、身近にワードプレス仲間が2人いたことが大きいです。

1.同じタイミングで始めたママ友

夫の転勤先で、偶然気の合うママ友ができました。毎週のように会い、深い話までできるようになりました。

普通、ブログで稼ごうと思ってるとか言ったら引かれます。(これ本当です!)大抵の人は、日記ブログを書いて楽して稼ごうなんてバカげてると思うでしょう。

でも、その子にブログを始めることを打ち明けると、むしろ私もやってみたい!と興味を持ってくれたのです。ワードプレスのブログの仕組みや、普通のブログとの違いなどを説明すると、すごいすごい!と自ら調べだし、本当に始めたのです。

そこからは会うたびにブログの話!ラインでもブログの話をするほど。笑 また、ブログには育児ネタも多い為、二人で育児について考えることも増えました。

「アナリティスクの見方わかるー?

「もうサッパリだよー!」なんて会話から始まり、

「〜っていうプラグイン入れるといいらしいよ!」

「知らなかった!早速今晩やってみるよ!」とお互いが調べた知識を教えあってステップアップしていきました。

始めた頃は設定がおかしくなっていてもその原因を特定できず、混乱の毎日。でも、初心者なりにその原因を二人で考えました。こう考えると、その子がいなかったら成果が出るのにもっと時間がかかっていたと思います。

それにモチベーションの維持にもその子の存在はとても大きいです。頭のいい子だと薄々気付いてはいましたが、容量がいいし、吸収力が半端ないのです。頑張らないとあっという間に抜かれちゃう!なんて思いながらやっています。

また、ブログを始めるにあたり、「1年は成果が出ない物だと思って頑張りなさい!収益も期待するな」といった記事をよく目にしました。だから、わずかなアクセスや収益のアップでも二人で大喜び。

育児中の私たちは、子供のお昼寝中か、自分の睡眠時間を削るしかブログを書く時間はありませんから、焦らず頑張ろう!というのんびりした気持ちでやれていたのも良かったと思います。(でも、容量も悪いしわからないことだらけだったので、かなり睡眠時間は削りました…)

1人だったら、成果が出ないことにイライラしてブログが嫌いになることだってあったかもしれません。

2.ワードプレスを勧めてくれた義兄

もう一人は、ブログをやるきっかけになった義理の兄です。以前、家に遊びに来た時に当時やっていたウェブライターの原稿を見せました。

すると、「これだけの文章量を書けるなら、自分でやった方がいいんじゃない?原稿は一回きりだけど、ブログだったらずっと見てもらえるし、結果が出るようになれば毎月収入が入るよ。」とワードプレスを勧めてくれました。

ウェブライターをやっていた時、かなり頑張って気持ちを込めて書いた記事が、誰が書いたかわからない一つの記事として扱われることに寂しさを感じることがありました。

お兄ちゃんのこの言葉で、「ウェブライターをやめてブログやる!」と決意。結果が出るかわからないワードプレスを始めることに不安はありましたが、初期投資はサーバー代とドメイン代のみ。ダメだったらウェブライターに戻ればいいし、リスクが少ないのも魅力でした。

そんなお兄ちゃんと先日ブログの話をしてきたのですが、かなり楽しかったのです。パソコンを出して、お互いのブログの書き方を見せ合ったりしました。

その時に、ブログの話ができる人が身近にいるって幸せー!と感じて、今この記事を書いています。

義父も義兄の影響でブログに理解があります。「ちえちゃん、すごいぞ!」と盛り上げてくれて、さらにやる気がメラメラ。もちろん夫も協力的ですし、とても恵まれた環境でブログを書けていると実感しています。

ブロガー同士のつながりも必要だと思う

私の場合、身近にワードプレスでブログをやっている人がいた為、Twitterでブロガーと交流したりしていません。

でも、一時、何人かフォローしてコメントをしてみたりしたことがありました。それが今やっていないのは、私には合わないと感じたから。

ブロガー同士がコメントし合っているのを見ていると、独特の世界観があり、その中に入っていくのが面倒に感じてしまったのです。公園にいるママ集団に入っていく感覚に近いかな?

そもそもTwitterをやる時間がないことも原因の一つ。楽しくやっていたインスタもおろそかになる程ブログを書くことで精一杯。アクセスアップのためにTwitterを利用するのは有効だと思いますが、まだ先でいいやー。

でもでもでも!身近にブログ仲間が偶然いたからそう思えるのであって、孤独なワードプレスを続けるにはTwitterでのブロガー同士のつながりも必要だと思うんです。リアル友達じゃなくても、同じワードプレスの悩みを理解してくれる人の存在は貴重です。

私は子供がいるので参加は難しいですが、ワードプレスオフ会なんて楽しそうだなーなんて思います。独身時代だったらすぐに参加していたでしょうね。

おわりに

本当に本当に孤独なワードプレス。はてなブログにしておけばよかったー!と思う人も多いでしょう。

でも、続ければ成果が出ることを今感じ始めています。やめちゃうのは勿体ないです!寂しくなったらワードプレス仲間を探してモチベーションをキープしてみてはいかがでしょうか。

最後に、このブログの稼ぎ頭「グーグルアドセンス」について書かれている本を紹介して終わります。決して楽ではありませんが、努力すれば必ず結果がついてきます!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする