子連れで盛岡「東屋」のわんこそばを初体験!お腹も心も満たされた

スポンサーリンク

帰省ついでに、岩手県盛岡市へプチ旅行をしています。盛岡の食べ物といえば、

  • わんこそば
  • 冷麺
  • じゃじゃ麺

と麺類が有名です。その中で1番食べてみたかったのがわんこそば。でも、2歳の息子が一緒なので不安もありました。

実際に行ってみると問題なし!最高に楽しい時間を過ごせました。心もお腹も満足感でいっぱい!子連れでのわんこそば、おすすめですよ。

「東屋」さんで子連れわんこそば

「盛岡 わんこそば」と検索すると、必ず上位に出てくる東屋(あずまや)さんの駅前店へ。

事前に電話予約をしておきました。土曜日の13時からの予約で、15分ほど早く着いてしまいましたが、とてもスムーズに入店できました。

雰囲気ありますね。

子連れわんこそばで不安だったこと

予約の際に、夫はわんこそば、私は通常メニューでお願いしました。わんこそばをやりたいのに、なぜ通常メニューで予約したのかというと、わんこそばのルールが分からなかったから。

  • 私がわんこそばを食べている間、息子に食べさせてあげられないのでは?
  • 2歳は料金表示が無いけど、私のわんこそばを与えるのはルール違反になるのかな?
  • 通常メニューなら息子とゆっくり食べられるかも

と色々考えました。(電話で聞けばよかったのですが…)当日のメニュー変更は可能とのことでしたので、直接不安な点を聞いてみると、

  • 2歳まではわんこそば無料
  • 時間制限はないので、ゆっくりで構わない

とのことでした。ということで、私もわんこそばをやることにします!

いざ、わんこそばに挑戦!

夫と私、2歳の息子の3人でわんこそばに挑戦です。

わんこそばのコースは2種類。

2,700円…杯数を算木(数え棒)で数える。お椀は重ねない。薬味7種。

3,240円…お皿を積み上げていく。薬味9種。

せっかくわんこそばをやるからには、お皿は積み重ねなきゃ!3,240円のコースに決定。

薬味と、証明書。証明書には食べた数を最後に記入してもらえます。

つゆの飛び散りから服を守るエプロン。

息子にもエプロンとお椀、証明書を用意してくれました。ちなみに、小中学生までは料金から540円割引、未就学児童3歳以上6歳未満は760円かかります。2歳の息子は無料。

3,240円のコース×2人分の薬味。まぐろの刺身、なめこおろし、とりそぼろ、胡麻、海苔、一升漬、錦盛など。

給士さんが1人ついて、3人に蕎麦を入れてくれます。1杯がこれくらい。

はじめは蕎麦の味を味わい、次からは薬味も追加。

給士さんのお蕎麦が無くなると、一度取りに行くので、小休憩があります。その間に写真を撮ったりゆっくりできました。でも、給士さんがいても焦ることはありません。ガンガン蕎麦を入れられて焦りまくりなイメージがあったのでちょっと意外。

お椀につゆが溜まったら、ここに捨てます。つゆも飲んでいるとお腹が膨れて、沢山食べれなくなります。

息子もモリモリ。薬味の漬物ととりそぼろが美味しかったみたいです。

お腹がいっぱいになったら、お椀に蓋を閉めて終了!

この後、デザートも頂きました。

結果は上々!私は55杯で男性平均並み

ジャーン!これが私と夫の2人で食べたお椀の山。15皿ずつ重なっていて、15皿で普通の盛り蕎麦1皿分です。

結果的に、

夫…80杯

息子…5杯

私…55杯

私の食べた55杯というのは、盛り蕎麦4杯弱。女性の平均が30~40杯、男性が50~60杯らしいので、私は男性並みに食べてることになりますね。体重管理しなきゃいけない妊婦だというのに…妊婦じゃなかったら、もっと行けたぞ!笑

あれだけ食べたのに、18時にはすっかりお腹が空いて旅館食も完食。焼肉の食べ放題と違って、もたれないのが良いですね。

給士さんの声掛けが良い

帰り道は、「いやー、良かった!」と私は連発。お蕎麦はもちろん美味しくて、さらにお店の雰囲気や給士さんが声掛けをしてくれる感じが温かくて良かったです。

  • はい、じゃんじゃん
  • ドンドン
  • よいしょー
  • がんばってー

独特の掛け声に、心もお腹も満たされました。

東屋(あずまや)の情報

HPはこちら👉そば処 東屋

今回私が訪れた駅前店は駅の目の前!

住所:岩手県盛岡市盛岡駅前通8-11

本店と大手先店もありますので、HPでチェックしてみてくださいね。

おわりに

ちょっと不安だった子連れでのわんこそばは、とても楽しくて良い記念となりました。息子のエプロン姿が可愛くて、沢山写真を撮ってしまいました。

ぜひ盛岡観光の際は、わんこそばに挑戦してみてくださいね。絶対に満足するはずです。いやぁ~、本当に良かった!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする