転勤族ママの友達作りはどうしてる?私の場合

スポンサーリンク

育児で悩んだりストレスが溜まったときには、友達と思いっきり話したり、ランチをしたりしたいものです。
 
でも、転勤族ママは孤独。自分から動かないと、友達ができません。特に子供が就園前だと、友達を作るのは至難の業。
 
今回は、私の友達作りのきっかけとなった場所などをご紹介します。

スポンサーリンク

1.同じアパートの人

私は子育て世帯の多いアパートに住んでいて、上の部屋の人と仲良くなりました。
 
引っ越しても近所に挨拶に行かない人もいますが、転勤族は挨拶をしに行きましょう!挨拶をしに行くだけで印象が良くなり、次に会ったときに話しやすくなります。
 
もし子供がいる人がいれば、「今度一緒に公園行きませんかー?」なんて声をかけてみるといいですよ。
 
隣の部屋には若い同棲カップルもいますが、「こっちに友達がいないんです〜」と言っていたので、ママ達のお茶会にお誘いしたりもしました。

2.夫の会社の奥さん達

夫の部署は20〜30代が多く、奥さん達も同世代。そこで、2ヶ月に1度ランチ会を開いています。会社の奥さんの付き合いは大変そう!と思うかもしれませんが、旦那さんの役職関係なしで、ワイワイやっています。
 
転勤が多いため、奥さん達が孤独にならないよう会社のイベントに誘ってもらえるのもありがたいです。

3.近所の公園

よく行く公園では顔見知りのママが沢山できて、会うたびにお話をしています。公園に行けば誰かしらいるので、「あー、暇だー!」という時は、あえて人がいそうな公園へ。
 
連絡先を交換するなどはありませんし、友達と言える関係ではありませんが、この感じがとても楽です。私はママサークルなどの団体に所属するのは面倒なので、私にはこの日常が合っていると感じています。

4.市の支援センター

息子が0〜1歳の頃は、市の支援センターによく行きました。育児で精神的に辛くなった時などは、ママたちとお話すると気分転換になるものです。
 
すでに仲良しグループができていて輪に入りにくいこともありますが、一人で来ている人も多いので意外と平気。
 
そこで偶然ラインを交換できたママがいて、あまりにも気が合ったのでよく遊びました。今は離れちゃいましたが、ママ友でここまで仲良くなれるとは思ってもみませんでした。

5.SNS

インスタで息子と同じ誕生日の赤ちゃん達をフォロー。そこで出会ったママたちとはネット上で沢山繋がっています。その子供たちは赤ちゃんの時から見ているので、親戚の子のように可愛く感じます。
 
2年近く交流して、実際に会ったりもしました。不思議と何度も会っているような感覚でした。

インスタで出会った親子に会って来た!ネットでもママ友ができる
ネットでの交流はちょっと怖いというイメージがありますね。でも、私は写真投稿アプリ「インスタグラム」で...

おわりに

子供がいると、夫婦二人の時よりも友達が作りやすいです。私が紹介したこと以外にも、習い事に通うのも良いと思います。
 
無理してママ友付き合いをする必要はないと思いますが、寂しいと感じる人は少し積極的に動いてみましょう。いつか気の合うママ友ができるかもしれません。
 

と、偉そうに語った私のスケジュールはほぼ白紙…そんな日々も慣れると平気なものですよ。笑

転勤族
スポンサーリンク
この記事が「いいね!」と思ったらシェアお願いします
ちえをフォローする
スポンサーリンク
ちえのて

コメント