多肉植物と出会って1年!現在の様子とこの1年の振り返り

スポンサーリンク

我が家に多肉植物を迎えてから、早いもので1年が経ちました。

 

害虫被害や夏の蒸れで多くの多肉ちゃんをダメにしてしまい、心が折れそうなときもありました。でも、多肉熱は1年経っても冷めることはありません。

 

今回は今現在の様子を写真で紹介しながら、この1年を振り返ってみます。

スポンサーリンク

今現在の多肉植物の様子【2017.11】

まずは現在の様子から。

全盛期と比べるとかなり減りました…でも、多肉植物が過ごしやすい秋になり、弱っていた子達も元気を取り戻してきたところです。

 

このラックについてはこちらの記事をご覧ください。

多肉植物の置き場所にキャスター付きメタルラックが使える
どんどん増えていく我が家の多肉植物。増えていく度に考えるのが、多肉植物をどう置くか。我が家で...

多肉ちゃん紹介

それぞれ見てもらいましょう。我が家の多肉ちゃんです!

 

まずは星の王子(黄麗)。カットした茎の脇から新しい子供がニョキ。

 

カットした上の部分は、別の鉢へ。星の王子は強いです!

 

白牡丹。

花が小さくなってしまいました。

 

紅葉中の火祭り、ビアホップ、乙女心、千代田の松。

寄せ植えと言えないくらいスカスカでみすぼらしい…植え替えよー!

 

福娘。

夏にフニャフニャになったけど復活。下の方から新しい葉がどんどん出てきています。

 

アーモンドネックレスとグリーンネックレス。

強い品種なのに、夏の直射日光で弱らせてしまいました。アーモンドは茶色に変色していたけど復活!でも、グリーンは厳しそう…

 

クラマーズ・スピンラッド。

最近糸が出てきました!糸をまとう姿がとっても可愛いんです。

 

ラウリンゼ。

下の方は水で変色させちゃいましたが、かなり強い!初期に購入して以来、ずっと元気です。

 

ビアホップ。

刈り取っても刈り取っても、どんどん子供が出てきます。寄せ植えの隙間を埋めるのに大活躍!

 

ワテルメイエリー。

かなり成長しました。今は紅葉中。

 

月美人。

こちらはカットした上部分。ちょっとシワが寄って水不足気味。カットした下の方は夏に根腐れ。

 

ここからの3つは夫の実家からもらってきたもの。どれもめっちゃ強い!

名前不明。朧月(おぼろづき)かなぁ?

 

たぶん子持ち蓮華。

 

名前不明。

脇からどんどん子供が出てきます。春になったら株分けにチャレンジしてみたいな。

 

ご近所さんからもらった金のなる木。なんて縁起の良い名前!

育て方によっては花も咲くみたい。プリプリして可愛い!

 

新入りの(左から)銀揃え、マルニエリアナ、霜の朝、乙女心。

4つのうち3つは前も買った品種。好きなものはまた欲しくなっちゃいます。

 

さらに今、フラワーネット 日本花キ流通から七福神とカット苗セットをお取り寄せ中。届くのが楽しみ!

 

2017.11.24 追記 届いたのでレビューしました!

日本花キ流通で多肉植物を買ってみた!通販は心配だったけど大満足
ずっと欲しかった七福神を手に入れるために、はじめて通販を利用してみました。 状...

葉挿しの子達もスローペースで成長中

難しいと聞いていた葉挿し。でも、なんとか育っています。

 

まずはヒメシュウレイ。

沢山発芽したのに、いつしか半分以下に…。冬に葉挿ししたせいか、やり方が悪いのか、かなり成長が遅いしヒョロヒョロ。

 

この子の親は害虫にやられてしまいました。

大切な多肉植物が害虫被害に!駆除方法や対策を調べてみた
多肉植物を集め始めて半年ちょっと。 暖かくなり、ぐんぐん元気に多肉ちゃんたちは成長しています...

 

セリアの缶には、様々な種類の赤ちゃんたちをゴチャ混ぜに。

 

霜の朝。

この子の親は夏に腐ってしまいました。生き残った子供たち3人は頑張って育っています!たくましい。

 

月美人。

このサイズまで育つと少し安心。

 

ブロンズ姫。(たぶん)

夏にシワシワになりもうダメかも…と思ったけど復活!プリプリツヤツヤ。

 

ビアホップ。

 

左は友達からの頂き物、右は虹の玉?

 

ここには大量のビアホップと月美人など。

 

月美人のアップ。

葉挿しのこの段階の観察が楽しいです。葉っぱから子供が出てくるなんて、なんだか不思議。

 

1年を振り返って

まずはじめに苦戦したのが水やり。すぐ根腐れすると聞いていたので、ビビりまくり。水をあげな過ぎて弱らせてしまうこともありました。

シワシワの多肉植物を入浴させてみた!難しい水やりは経験で学ぶ
シワシワになってしまったトレレアシーを思い切って入浴させてみました。多肉植物初心者の私には水のあげすぎなのか、足りないのかわからなかったのですが、水不足だったみたいです。トレレアシー復活の様子をまとめます。

 

次のトラブルは害虫被害と夏の蒸れ。試行錯誤しながら対応してきたつもりですが、どんどん大切な多肉ちゃんが朽ちていくのは本当に辛かった…

多肉植物の夏は厳しい!霜の朝が黒くポロポロに…その原因と対策
乾燥を好む多肉植物にとって、日本の高温多湿の夏は辛く厳しい季節。多肉との初めての夏を迎え、そ...

 

でも、多肉植物の「難しいというイメージ」ほど難しい印象はありませんでした。初心者でもなんとか葉挿しにも成功し、最初からずっと生きている子たちもいます。

 

何かある度に沢山のブログを読み漁ったところ、何年もやっているうちにモリモリに育てられるようになったという人が多かった気がします。きっと私も来年はもう少し上手に育てられるはず!

 

思い返すと、毎日多肉植物の様子を観察するのは楽しくて、私にとっては癒しでした。育児でイライラした時は、多肉で気分転換をよくしていた気がします。

 

息子にも良い効果がありました!1歳の頃は葉を取られたり、引っこ抜かれたりしたこともありましたが、2歳になった今は「葉っぱ可愛いねー」と言いながら一緒に鉢を眺めたり、水やりをしてくれます。植物を大切にする優しい子になってくれるといいなぁ。

 

おわりに

多肉1周年ということで、多肉熱が再加熱中!久々に寄せ植えを作ってみようと思います。ここ数年大流行中の多肉植物、みなさんも一緒にいかがですか?とっても可愛いですよ。

 

多肉植物
スポンサーリンク
この記事が「いいね!」と思ったらシェアお願いします
ちえをフォローする
スポンサーリンク
ちえのて

コメント