メタルラックにスチームオーブンが置けた!カーテンを撤去してスッキリ

スポンサーリンク

15年愛用していたオーブンレンジがついに壊れました。そこで、新たにスチームオーブンを購入。

大きなスチームオーブンでも、メタルラックなら幅を変えることで設置可能!レンジ台や食器棚を買い換える必要はありません。

我が家のキッチン収納のビフォーアフターをご覧ください。

スポンサーリンク

【ビフォー】

以前、こちらの記事でメタルラックのキッチン収納をおすすめしました。私のような転勤族で引っ越しの多い方にはとても便利だと思います。



物が多くてゴチャゴチャしていたので、カーテンの目隠しを作成。見た目がスッキリして、友達にも好評でした。

【アフター】幅を変えてカーテンを撤去

スチームオーブンを設置するために、メタルラックの幅を変え、ついでに断捨離。物が減ったのでカーテンレールを撤去しました。


こうして見るとまだまだ物が多いように見えますが、以前と比較するとかなりスッキリしました。

1.大きなスチームオーブンでも大丈夫


今回購入したスチームオーブン(東芝石窯ドーム ER-RD100-W)は30リットル。前回の17リットルと比べるとかなり大きいです。

スチームオーブン購入にあたり重さや幅を心配しましたが、全く問題なし。我が家で使用しているニトリのメタルラックの耐重量は100キロなのです!20キロのスチームオーブンは余裕。

メタルラックの幅を変えれば、オーブンの縦横には対応できます。注意すべきは奥行きのみ。

今回のオーブンは奥行きが41.6センチ。我が家で使用しているニトリのメタルラックは約40センチなので若干はみ出しますが、足部分はしっかりと収まりました。

アイリスオーヤマのメタルラックは、ほぼ同サイズですが奥行きだけ長いです。大き目のオーブン等を置きたい人はこちらがおすすめ。

2.使い勝手を考えながら幅を調節

これまでの幅ではオーブンが入らないため、一度解体。せっかくなので、使い勝手を考えながらすべてを調節することに。

ゴミ箱はよく使うので、キッチンの出入り口に近い方に移動させました。使い方をいつでも変えられるのがメタルラックの良い所!

メタルラックの解体時に固くて外せない場合は、自転車やドアにさす油が便利。油を垂らすと、専用のハンマーがなくてもスムーズに外れましたよ。

おわりに

かなりスッキリして、使い勝手も良くなり大満足です。今回のスチームオーブンの設置により、改めてキッチン収納をメタルラックにして良かった!と感じました。

ちょっと安っぽく見えてしまうのがネックですが、引っ越しが多い人以外にもおすすめしたいです。

生活
スポンサーリンク
この記事が「いいね!」と思ったらシェアお願いします
ちえをフォローする
スポンサーリンク
ちえのて

コメント