しまじろう英語コンサートに行ってきた!帰宅後の息子に変化あり

スポンサーリンク

楽しみにしていたしまじろう英語コンサートに行ってきました!この日は息子の2歳の誕生日の前日。本人はよくわかっていないかもしれませんが、誕生日の良い記念となりました。

 

このコンサートをきっかけに、英語への興味が高まったようです。当日の流れや感想と、その後の息子の変化などをまとめます。

 

スポンサーリンク

しまじろう英語コンサートレポ

当日の流れとステージの内容に分けてご紹介します。

当日の流れ

2017.7.2 栃木県教育会館。開場の40分前に到着。

「公共交通機関でお越しください」とありましたが、車で行きました。駐車場に入れなかったらどうしよう…と心配でしたが、皆さん車で来ていました。

 

開場までの間、建物の外にある看板前で記念撮影。

息子が持っているパペットは、WWKのManiというキャラクター。会場ではしまじろうやWWKのキャラクターのむいぐるみやパペットを持っている子が何人もいました。

開演の30分前に開場。グッズが沢山売っています。

開演までの間、外国人の先生とお話しできます!タッチできて嬉しそうな息子。

What your name?

How old are you?

What coler do you like?

 

このような簡単な質問をしてくれます。まだ息子は答えられませんでしたが、小さな子には答えやすいように話しかけてくれました。小さい子も積極的に先生の所へ行きましょう!

 

息子はHello!と挨拶できました。先生とお話しをすると、このGood jobシールがもらえます。

私たちは早めに会場入りしたので、2人の先生とゆっくりお話しできました。途中の休憩の間もお話しできますが、早めに会場入りすることをおすすめします。

 

いざ、会場へ!前から8列目の一番左の席だったのですが、前に空いている席があるとのことで移動させてもらえました。

 

それがなんと2列目!目の前にステージがある状態。Nancyの表情や口の動きまでハッキリ見えます。

 

外国人と接することの無い私にとって、出演者の英語の発音や発声は「さすが、本物!」の一言。夫も、プロは違うなーと感じたようです。

 

肝心の息子は…眠気と闘っていました。開演直前に寝る体制になったのでかなり焦りましたが、曲の終わりには拍手をしたりして、なんとか30分間の前半を終えました。

 

15分の休憩。息子を外に連れ出し、パンを食べさせました。この休憩のおかげで眠気から解放され、後半は楽めたようです。

息子が被っているセーラー帽子は、全員に配られます。物語の中で使用しました。

 

後半のステージが終わると、一気にぞろぞろと出口へ。途中に先生たちが立っていて、さよならの挨拶をしたり、タッチをしたりします。

 

息子は黒人の先生がお気に入りのようで、ステージを見ずに、先生の方を見てニコニコしていることもあったくらい。先生とタッチすると、とても嬉しそうでした。

ステージの内容

登場人物は、4人。

  • しまじろう
  • Mimi
  • Nancy
  • Captain Andy

【前半】フラワーアイランドへ出発!【後半】レインボーフラワーを探しに行こう!というストーリー。

 

このステージの中で、質問を投げかけられて答えたり、一緒に歌を歌ったりします。息子が聞いたことのある曲は、

  • Seven Steps(WWK)
  • A Sailor Went to Sea,Sea,Sea(以前、「英語であそぼ」で聞いた)
  • Rock, Scissors, Paper(日本語のぐーちょきぱーは聞いたことがある)
  • Twinkle,Twinkle, Little Star(WWK)

もう少しWWKの教材の曲が出てくるのかなぁと思っていましたが、2曲のみ。(現在はStage3までの受講なので、この先出てくるかも)

 

でも、知らない曲ばかりでも十分楽しめる内容でした。ベネッセの英語教材を受講していない人達も見に来ているのですから当然ですよね。

コンサート後の息子の変化

コンサートから帰ってきて、息子の嬉しい変化がありました!

1.WWKのDVDを見てくれるようになった

これまでWWK(ワールドワイドキッズ)のStage3まで受講しているのですが、現在、DVDを見てくれない状態です。1歳を過ぎから乗り物への興味が強くなり、乗り物の動画を見せろー!とアピールされてしまうのです。

ワールドワイドキッズStage1~3の特徴!教材を写真で紹介
息子が受講しているワールドワイドキッズ。半分のStage3まで受講したところですが、息子の反応も良く効果も感じています。1~3のステージごとの特徴と、教材内容について写真と共に紹介します。

 

それが、コンサート後は見てくれるようになったのです!これが継続してくれることを祈るばかりです。

2.WWKの絵本を持ってきた

ここ最近はレゴや粘土遊びにハマっていて、絵本の読み聞かせはさぼり気味。リクエストされてよく読んでいる本は、主に図鑑。

 

それがコンサート後は、最近全く読んでいなかったWWKの英語の絵本ばかり持ってくるのです。ここまでわかりやすい変化があると、私も嬉しくなります。

 

しかも、絵本に対しての反応が大きい!一緒に声を出したり、キャッキャしながら絵本を見ています。コンサートで出会った外国人のスタッフさん達とのコミュニケーションや、ステージの楽しい雰囲気から英語が好きになったのかもしれません。

3.英語を使う頻度が増えた

コンサートの翌日、友達と遊びました。その子がほっぺにチューをしてくれたのですが、その時息子は「Thank you!」と言いました。また、じいじとばあばと電話している時に、「Hello!」と言ったりもしました。

 

歌にも変化が!コンサートの中でも歌われていた「Seven Steps」は、元々息子のお気に入りの曲の一つ。、音楽無しで何度も歌っていたので、こんなに歌えたんだーと驚きました。

 

まとめ

しまじろう英語コンサートは、1歳の段階ではちょっと早いかなぁとも思いましたが、私の息子は、コンサートで多くの刺激を受けて確実に変化しました。

 

歌にダンス、光や大きな風船の演出など、約75分のコンサートは内容盛り沢山で大人も楽しめます。また、外国人とお話しできるのも魅力!ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

コメント