処方箋の期限が4日だって知ってた?危うくお薬をもらえないところでした

スポンサーリンク

処方箋に期限があると知っていますか?恥ずかしながら、私は32歳にして初めて知りました…

 

今回は期限切れでも運よくお薬を出してもらえましたが、一般的には処方箋を再発行してもらいにまた病院に行かなければならないそうです。

 

今回は、EPARKという処方箋ネット受付を使用しました。それも踏まえて、私の失敗エピソードをご紹介します。

 

スポンサーリンク

処方箋の期限

処方箋の期限は、発行日を含め4日間(土日含む)。それを過ぎてしまうと、処方箋の再発行が必要になります。再発行には健康保険が適用されません。そのため、費用は全額自己負担となります。

参考サイト☞日本調剤

 

処方箋によっては、目立つように期限を記載している場合もあるようです。今回、改めて処方箋を確認してみると、機嫌の欄はあるものの記載なし。しかし、その隣にかなり小さく期限が4日間であることが書かれていました。

 

私の失敗エピソード

日を追って説明します。

1日目(処方箋発行日)

産婦人科で下剤の処方箋をもらいました。お腹を空かせている息子と一緒だったため、薬局は後日でいいやーと思い、そのまま帰宅。

 

2日目

雨の為、外出できず。

 

3日目

土曜日で家族で外出。薬局のことをすっかり忘れていました。

 

4日目

「下剤もらいに行かなきゃ!」と思い出し、以前から気になっていた処方箋ネット予約を試してみることに。EPARKに登録し、処方箋の写真を送信。

 

「処方箋は発行日を含め4日間の物にしてください」と説明があったものの、ネット受付が4日以内であれば問題ないだろうと思っていました。

 

5日目

薬局から受付完了のメール。お薬の準備ができたらまたメールが来るとのこと。その日の夜、薬局から電話。

 

「処方箋の期限が切れているので、使用できません。」

 

私「え!受付日が4日じゃないんですか?」

 

「そうなんです。受け取りが4日以内と決っていて、明日病院に延長をかけられるか確認を取りますので、明日また連絡します。」

 

私「そちらで確認していただけるのですか?よろしくお願いいたします。」

 

6日目

病院から「処方箋の延長ができ、お薬も準備できておりますので取りにいらしてください。」と電話。ホッ。また病院に行かなくて済んだ…。

 

早速薬局へ行き、無事に薬を受け取りました。その時に、先生によっては処方箋の延長をしてもらいないケースもあると教えてもらいました。

 

薬局と産婦人科の方には手間を取らせてしまい、ごめんなさい~!という気持ちでいっぱいです。が、今回はお薬を受け取れてラッキーでした。

 

EPARKを利用する際の注意点

最近は、ドラッグストアの中に調剤薬局が入っていることも多いですね。Tカードなどのポイントも付くため、あえてそちらを利用する人も増えていると思います。

 

事前にネット受付をしておくと便利だろうと思い試してみたEPARK処方箋の写真を送り、薬が用意できた段階で連絡が来る為、万が一指定の薬が無かった場合に再度取りに行く手間が省けるのが魅力です。

 

しかし、ネット受付だとしても受け取りは4日以内。ネット受付が済んでいるから大丈夫!ではありません。もし薬局に薬が無く、取り寄せることになった場合、最速で翌日。

 

直接薬局に行くにしても、ネット予約するにしても、早めに行動しなければなりませんね。

おわりに

もし私のように処方箋に期限があることを知らなかった人は注意してくださいね。(これって常識?笑)

未分類
スポンサーリンク
この記事が「いいね!」と思ったらシェアお願いします
ちえをフォローする
スポンサーリンク
ちえのて

コメント