仕事より結婚を選んでよかった3つの理由!結婚5年の節目に思うこと

スポンサーリンク

5年前、彼の転勤をきっかけに結婚が決まって仕事を辞めるとき、後輩に「私なら、結婚して旦那が転勤しても仕事はやめません」と言われたんです。他の人にも、「あなたは仕事をしたくなって離婚する」なんて言われたり。

 

今考えると、結婚が決まった人に向かってそんな事を言うなんて人としてどうかしてると思います。でも、仕事より結婚を選んだ自分がダメなような気がして、心の片隅にずっと引っかかっていました。そして今、結婚を選んで良かった!と胸を張って言えます。

 

仕事か結婚を選択しなければならない状況にある女性へ、結婚の後押しになればいいなと思い、結婚5年の節目に私が思うことを書いてみます。かなり個人的な内容で参考にならないかもしれませんが、もしよろしければ読んでみてください。

 

スポンサーリンク

仕事へ未練タラタラで結婚

5年前、私は正社員として東京で働いていました。任せてもらえる仕事が増えて楽しくなってきた頃、彼に転勤の辞令。頻繁に会いに行くには難しい場所であることから、彼はプロポーズをしてくれました。

 

仕事はやめたくない、でも彼と別れたくない。かなり葛藤はありましたが、プロポーズを受けました。というか、転勤が決まってから、圧をかけてプロポーズを促したのは私。仕事をしたい思いとは裏腹に、彼と結婚したいという思いが強かったのでしょう。

 

結婚が決まって最高に幸せでしたが、仕事を辞めたことで後に後悔するかもしれないという大きな不安があったのは事実です。今考えると、かなりネガティブでした。

仕事より結婚を選んで正解だと思う3つの理由

そんな不安を抱きながらスタートした結婚生活。はじめは孤独感に襲われたリ、虚しさを感じることもありました。転勤族の妻の就職が厳しい現実にぶち当たったり…。でも結婚して5年が経ち、結婚してよかった!と思える理由は3つあります。

1.夫が素晴らしすぎる

いい人と結婚できたことがまず一つ。5年も一緒にいると、「え?そんな人だったの?もっと〜だと思ってたのに!」なんてことは当然あります。これはお互い様。それを含めても、私が選んだ人はいい夫だと言えます。

 

私が何を話しても否定せずに聞いてくれる

間違っていれば正しい方向へ導いてくれる

私の気持ちを理解しようと努力してくれる

器が大きい

 

気持ちに素直すぎる私と、気持ちを表に出さない夫

即行動派の私と、冷静沈着な夫

 

性格は対極で趣味も合わないけれどバランスが取れていると思います。夫は無口であまり気持ちを出さないので、どう思っているか分かりませんが(笑)。

 

もしあの時、すぐに結婚せずに遠距離恋愛をしていたらすれ違いで別れていたかも。あのタイミングで結婚して本当によかった!

2.育児に専念できる幸せ

私は今専業主婦で、子供2人(0歳&3歳)を育てています。常に子供と一緒で大変だと感じることもありますが、これほど育児に専念できるのは幸せなことです。今しかできない事ですし。

 

仕事をしていた頃とは、関わる人も生活リズムも全く違います。もちろん刺激は少ないけれど、のんびりと育児中心の贅沢な時間を過ごしています。

 

でも、私は元々子供好きではないし、育児だけなんてできない!と思っていました。この5年で考えが180度変わったのは、最高に可愛い我が子に出会えたからでしょうね。

3.一つの仕事にこだわる必要はないとわかった

女性が仕事か結婚か悩むのは、これまで築き上げた人間関係やキャリアを捨てたくない!勿体ない!会社に申し訳ない!という思いが強いと思います。私もそう思っていました。でも最近、1つの仕事に拘る必要はないと思えるようになりました。そのきっかけは、1年半前に始めたこのブログで稼げるようになってきたこと。

 

今の時代、職種や労働形態は様々。特にネットでお金を得る手段はいくらでもあります。私はまだパート程度の収入ですが、やり方次第では会社勤めよりも稼ぐことは可能です。

 

育児しながら在宅で稼ぐ手段があると知った今、結婚&育児を優先している今の生活に引け目を感じなくなりました。

 

ブログをはじめる前にやっていたウェブライターは、案件の多い大手がオススメ。気軽に在宅でお小遣い稼ぎができます!👉クラウドワークス

おわりに

全ての人に「仕事を辞めて結婚すれば幸せになれる」とは言えません。結婚した途端に豹変するりともいますしね。

 

でも私の場合、満足できる結婚生活を夫と子供たちが与えてくれました。後悔はありません!そして、仕事はいつでも再スタートできるとわかりました。

 

さらに5年後の結婚10年の節目にもこんな記事が書けるよう、家族を大切にしていきたいと思います。

わたし
スポンサーリンク
この記事が「いいね!」と思ったらシェアお願いします
ちえをフォローする
スポンサーリンク
ちえのて

コメント