リルベビーの抱っこ紐を1年半使った感想!二人目でも使ってます

スポンサーリンク

 

リルベビーの抱っこ紐を1年半使った感想

妊娠中のプレママ達が頭を悩ませる抱っこ紐選び。何を基準で選べば良いか分かりませんよね。

 

悩みに悩んで無難なエルゴに落ち着く人が多いと思います。でも、機能重視だけどオシャレでみんなと違うものが良い!という人にお勧めしたいのがリルベビーの抱っこ紐。

 

北欧生まれでスタイリッシュかつ機能はエルゴ以上!新生児からインサート無しで使えて、6通りもの抱っこがこれ1本でできるのです。

 

今日はリルベビーを1年半使った感想をまとめます。リルベビーを買おうか悩んでいる人の参考になれば嬉しいです。

 

2018.2.3投稿

2018.6.28追記 次男が産まれ、早速使っています!写真を追加しました。

スポンサーリンク

抱っこ紐選びの条件

抱っこ紐の購入にあたり、夫とどんなのが良いか考えました。上がった条件はこの4つ。

  • 体重が重くなっても辛くないしっかりとした構造
  • 普通の抱っこ、おんぶ可能
  • 前向き抱っこ
  • 新生児抱っこ(インサート無し)

 

しかし、この条件を満たす抱っこ紐がなかなかありません。ベビービョルンとエルゴを組み合わせて2本使いするしかないかぁ…と思っていた時にリルベビーを発見。

私達の希望を全て叶えてくれる抱っこ紐はこれだぁ!

(*現在改めて調べてみると、ベビービョルン ONE⁺BuddyBuddy アーバンファンも条件に該当します。one+は当時無かった気がします…。)

口コミが少なかったけれど評価が高かった

当時リルベビーは日本に入ってきて日が浅いため、口コミが少なく、購入するのは不安でした。でも評価は上々。地方では店頭で実物を見ることが出来ませんでしたが、購入を決意しました。

リルベビーの感想&レビュー

それでは、実際に使った感想を中心にレビューしていきますね。デザインはシンプルな黒のメッシュをチョイス。

1本で6通りの抱っこ

リルベビーでは6通りの抱っこができます。(2年前の説明書なので改訂されているかもしれません)

  1. 新生児抱っこ1(赤ちゃんのお尻の下にタオル使用・足ごとスッポリ・ワイドシート)
  2. 新生児抱っこ2(ナローシート)
  3. 前向き抱っこ(ナローシート)
  4. 対面抱っこ(ワイドシート)
  5. 腰抱っこ(ワイドシート)
  6. おんぶ(ワイドシート)

ワイドシートとナローシートというのは、腰ベルトの位置で足の開きを調節する機能。矢印部分を腰ベルトから外して中に織り込むと、足の開き過ぎを防止できます。

 

これは生後2ヵ月。

足を出していますが、まだワイドシートを使うのが怖かったため、ナローシートを使用しています。

 

こちらは1歳の時の前向き抱っこ。

アウトレットでショッピング。途中で寝てくれたので、ゆっくり買い物ができました。

 

牧場や動物園デビューも前向き抱っこで。思い返せば、小さいうちから色々な所へ連れ出しました(しみじみ)。前向き抱っこでは、終始ご機嫌。前向き抱っこをしていると、よく「可愛い~!」と通りすがりの人達に言ってもらえて嬉しかったです。

 

今回の記事を書くにあたり、1歳半で抱っこ紐を卒業した息子(2歳6ヶ月・90㎝・13㎏)をおんぶしてみました。

おんぶはほぼしませんでしたが、改めてやってみるとめっちゃ楽!もっとおんぶすれば良かったです。しっかりとした肩ベルトと腰ベルトにより、20㎏まで耐えられるそうですよ。

腰痛持ちの夫はランバーサポートが大のお気に入り

夫は腰痛持ち。そんな夫が大絶賛していたのがランバーサポート。これがあると全然違うのだそう!

腰痛の無い私は、息子が10キロを超えてからからでもランバーサポート無しで3~4時間の外出は平気でした。

すぐに寝てくれる

泣いた時は授乳か抱っこ紐!とにかく息子は抱っこ紐が心地良かったようで、抱っこ紐に入れて足踏みをしているだけで寝てくれました。

 

寝たらそのままベッドへ!ベルトを外すのは簡単。そのまま抱っこ紐ごとそーっと置くだけです。抱っこからベッドへ移すと背中スイッチで起きることがありましたが、抱っこ紐の時はなぜか起きませんでした。

オシャレな抱っこ紐だと褒められた

当時はリルベビーを使っている人が少なかった為、子育て支援センターなどに行くと「どこの抱っこ紐ですか?オシャレですね。」と言われることが何度かありました。

 

今ではリルベビーも知られるようになってきましたが、まだまだエルゴが主流。毎日身に付ける物ですから、さり気なく個性を出したいという人にはおすすめです。パパにも似合うスタイリッシュなデザインですよ。

また、サイズ感はエルゴと同じくらい。海外製なので、肩ベルトも腰ベルトもガッチリしています。

【唯一のデメリット】かさばる

息子は10ヶ月で歩き出したため、1歳前から外出先で抱っこ紐を持ち運ぶことが出てきました。そんな時は荷物になってしまいます。しっかりとした抱っこ紐は畳んでも大きいのです…。デメリットと感じるのはその点だけ。

おわりに・買ってよかった!リルベビー

リルベビーを1年半使ってみて、この抱っこ紐に出会えてよかった!という思いでいっぱいです。

 

もし抱っこ紐で悩んでいる人がいたら、迷わずリルベビーをおすすめします。リルベビーを知らなかったという人はぜひチェックしてみてくださいね。

追記:第二子もインサート無しで新生児から使ってます

2018.6.28追記

4月に次男が産まれ、生後1ヵ月から長男とともにガンガン外出しています。その度に抱っこ紐を使用。次男も抱っこ紐が大好きなようで、一瞬で寝ます!「もしや死んでる?」と思うほどぐっすりですよ。

新生児から使える抱っこ紐のリルベビー

久しぶりにつけてみて、やっぱりリルベビーのデザインが好き!って思いました。こんな鮮やかなカラーも素敵ですね。

育児
スポンサーリンク
この記事が「いいね!」と思ったらシェアお願いします
ちえをフォローする
スポンサーリンク
ちえのて

コメント