2歳の息子にレゴを買い与えた感想と息子のレゴ作品まとめ

スポンサーリンク
レゴデビューの記事がちょこちょこ見てもらえるようになってきました。私のように普通のレゴか、大きいサイズのデュプロを買うべきかどうか悩んでいる親御さんは多いのでしょうね。
2歳からのレゴ!デュプロを飛ばしてレゴジュニアとクラシック購入
知育玩具はやっぱり木の玩具でしょ!と木製玩具にばかり注目していたのですが、偶然が重なりレゴの魅力に取り...

我が家では、2歳手前の息子にレゴを購入しました。まだ早いだろうと思いきや、なかなか面白い作品を作って遊んでいますよ。

息子の作品の写真とともに、私の感想をまとめます。レゴの購入を検討している方は参考にしてください。

2017.8.31   投稿
2017.11.5   追記 2歳3ヶ月の様子を追記しました。

2歳からレゴをやらせてみた感想

息子にレゴを与えたのは2歳になる少し前。現在2歳2ヶ月になり、レゴ歴は約3ヶ月。この間、ほぼ毎日レゴを触っています。

息子がレゴで遊んでいる様子を見て、私が感じたことをまとめます。

1.やはりサポートは必要

こちらは2歳になってすぐの作品。窓のパーツをきれいに並べて、建物らしきものを黙々と作っていました。

このレベルはできるのですが、レゴには薄っぺらいパーツ、丸くて小さいパーツなど大人でも指先を器用に使わないとはめられないパーツがあります。

それらは親がサポートしてあげる必要があります。いっそのこと、小さなパーツは取り除いてしまうのも手かもしれません。

おそらく本人も自分一人では上手にできないことがわかっているのか、レゴをやりたいときは「レゴやる」と言って、私か夫を遊び場に連れていきます。

私としては一人遊びをしてくれたら助かるのですが、知育面で考えると、親がサポートしなければならない手のかかる遊び(積み木もそうですね)は知育効果抜群なのだとか。頑張って付き合います!

2017.11.05 追記 1人で遊べるようになりました!

2歳3ヶ月になると、小さなパーツも扱えるようになりました。後半の作品まとめもご覧ください。

2.細々した作業が苦手な子は嫌いになっちゃうかも

息子はイヤイヤ期真っ只中。先に説明したように、自分ではめられないパーツがあると、「できないー!」と泣きわめくことがあります。

そんなストレスが続くと、レゴ自体を嫌いになっちゃう子もいるかも!と思ったりします。

息子の場合は、親にやらせるという手段を得ているためか、上手く行かないことがあっても楽しめているようです。

でも、デュプロで遊ばせたときに、あっという間にダイナミックな作品(積み上げただけですが)を作り上げたのを見て、こっちの方が色々作れるのかなぁ…なんて思ったり。

3.使いこなすのは時間の問題

扱いやすい方がアイディアは広がるかも!とデュプロに後ろ髪を惹かれながらも、レゴを使いこなすようになるのは時間の問題かなと思います。

積み木遊びに慣れている息子にとってデュプロは難易度が低く感じるのです。この時期は沢山手先を使って脳に刺激を与えたい、そう思っています。その点で考えると、レゴは手先を使いまくりです!このまま楽しく遊んでくれればいいなぁと思っています。

2歳の息子の作品集【随時更新】

2歳の息子の作った作品をまとめます。

1歳11ヵ月

買ったばかりの時は、一つ一つギュッとはめることから始まりました。

この時は、ひたすら私と夫が作品を作って楽しんでいました。奥が私が作ったバス、手前にあるのが夫が作ったワニ。息子はその作品で遊ぶことが多かったです。
我が家で購入したレゴは、この3つ。

乗り物好きの男の子にはジュニアシティの工事現場セットはおススメです。上の写真のトラックがコレです。クレーン車とブルドーザーも作れます。


また、レゴの形の収納ボックスに入ったアイディアボックスもおススメです。建物セットと工事現場セットでパーツは十分でしたが、ボックスが欲しくて追加しました。これだけあれば、4歳くらいまで買い足しは必要なさそうな気がします。

2歳0ヵ月

次第に自分でも作品を作るようになります。
右側の紫の土台の部分以外は、息子が作りました。

2歳2ヵ月

家を作ろうとして途中でやめたみたい。乗り物が好きなので、レゴでも作るのは乗り物ばかりです。ミニフィグ(人形)を椅子に座らせることも出来ます。

レゴの基礎版についても記事にしていますのでこちらもどうぞ。
レゴの基礎板の代替品として、EMYを購入!相互性あり、とってもお得
2歳を前にレゴデビューをした息子。まだ早いかな?と思いましたが、毎日レゴを手に取り、組み立てて遊んでい...

2歳3ヵ月

ほぼサポートがいらなくなり、一人遊びの時間が増えました。

一番小さなパーツも扱えるようになりました。

完成形がこちら。

レゴの車とトミカを駐車しているのだそう。柵にライトをつけたりして、息子なりのイメージがあるのでしょう。

こちらは踏切。

このピンクの部分は動くので、車を通したり止めたりして遊んでいました。

これも一人で作りました!

大好きな工事現場の車関係のパーツはよく使います。

こちらは扱いが少し難しいので、たまにサポートが必要です。

まとめ

2歳の段階でのレゴはちょっと早いとは思いますが、使えないことはないというのが私の結論です。早い時期での購入を検討している方は、しっかりとサポートしてあげましょう。

我が家で使用しているレゴはこの3つ。男の子のレゴデビューには、ジュニアシティがおすすめです!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする