知育玩具「くもん図形キューブつみき」購入!1歳からおすすめ

スポンサーリンク


くもんずけいキューブつみきを購入しました。1歳の息子が使っているのですが、対象年齢は3歳以上。

まだ本来の使い方はまだできませんが、1歳なりの遊び方が出来ているようです。使用期間は短いですが、これからの活躍を期待して商品紹介をさせてもらいます。

息子はもちろん使ってくれていますが、見た目の可愛さがたまらないんです。誰もが知っている公文から出ていることもあり、知育効果は間違いないでしょうし、木製積み木の割には値段も抑えられています。おすすめですよー。

ずけいキューブつみきをご紹介

セット内容
  • つみき(赤・青・黄色・緑・オレンジ×10個=50個)
  • 木製ケース
  • 解説&パターンカード×24枚
  • できたねシール×3枚
希望小売価格:3800円(税込4104円)
私が調べた限りでは、Amazonが一番安く、2,700円程度で購入できます。
では、商品についてそれぞれ説明していきます。

つみき

赤・青・黄色・緑・オレンジの5色がそれぞれ10個。合計50個。形は、2.5cm×2.5cm×2.5cmの正方形。

木製ケース

14.7cm(縦)×14.7cm(横)×8cm(高さ)の木箱。スライド式のふたが付いています。

解説&パターンカード×24枚

つみきを組み合わせた図形が描かれたパターンカードと、親への解説のカードです。解説には、ヒントの出し方や見守るポイントが書いてあり、子供との遊び方がよくわからない私にはとても助かると感じました。

パターンカードの難易度は高くないので、簡単なものは2歳前位から始められそうです。この遊びを通して、積み木遊びの楽しさが学べるでしょう。

できたねシール×3枚

パターンを作ることが出来たら、右下にある升目に貼るできたねシールを貼ってあげます。3回分の升目が用意されています。

ずけいキューブつみきのおすすめポイント

 商品説明に記載されている内容に加えて、私自身がおすすめするポイントをまとめます。

1.可愛い見た目

見ての通りです。カラフルでとても可愛いです。部屋に散らばっていても、嫌な気がしません。木箱もコンパクトかつ高級感があって素敵です!

2.おままごとや乗り物遊びに使えるミニサイズ

こちらは1歳の息子が遊んでいるところです。クリアストーンなどと一緒にダンプカーに乗せてみたり、積み木の上に乗り物を乗せています。

いくつか同じ色の積み木を並べて「バス!」や「カー(Car)」と言い、見立て遊びをしています。何をするにも、2.5cm角のこのサイズ感が、大きくもなく小さくもなく、とても丁度良いサイズです。

おままごとでは、フライパンに入れて「豆腐」として使用していました。この子には豆腐に見えているのね…とちょっと笑っちゃいました。

3.知育に効果的

積み木は昔から最高の知育玩具として有名ですね。沢山の知育的効果があるんです!例えば…

立体感覚・位置感覚・図形感覚

立体感覚、位置感覚、図形感覚は数学において必要ですよね。空間をイメージしたり、構造を理解するといった力は、積み木やパズル遊びから自然と得られます。

大きくなってこの感覚を鍛えるのは大変なので、幼児期につみきを触って遊びながら習得していくことが重要です。

色を覚える・色彩感覚

1歳9ヶ月の息子は少しずつ色を覚え始めているところ。まだ正解することは少ないですが、「青!」「赤!」と言いながら遊んでいますよ。遊びを通して自然と色を教えることが出来るので、親としても楽しいです。

また、色を使って遊んでいるうちに色彩感覚も育まれるのではないかと期待しています。我が家には白木の積み木もあるので、アクセントの飾りとしても使えそうです。

創造性・想像性を高める

積み木にはコレ!と決まった遊び方がありません。自分なりのイメージを膨らませて、オリジナルの作品を作り上げることができ、ルールが無いからこそ遊びの幅は無限大。この遊びを通して、想像力や創造力、発想力などが身に付くとされています。
私は創造性・想像性が無いことを自覚しているので、息子にはこの力を身につけさせたいと思っています。この力は、芸術、仕事、何においても「デキる」と言われる人に備わっている力ですよね。


こちらは1歳9ヶ月の息子が作った船。「ポッポー」と言いながら横に動かして遊んでいました。子供の遊び方には日々驚かされるばかりです。

洞察力・推察力を育む

積み木はとても不安定。変な積み方をすればすぐ倒れてしまいますし、形同士の相性も考えながら積み上げないと、置くことすらできません。

積み木遊びを通して、今の状況を把握し見抜く洞察力、どうやったら上手く作れるかな?、こうやってみたらどうだろうといった推察力が育まれます。

算数の勉強(おはじきの役割)

カラフルなこの積み木はおはじきとしても大活躍します。5色の積み木が10個ずつあるので、足し算や引き算、さらには掛け算、割り算の練習にまで使えます。

達成感・目的意識・問題解決力を育む

「生きる力」「人間力」としてあげられる達成感・目的意識・問題解決力。積み木遊びでこれらの力を習得することも可能です。

難しいことにチャレンジしていたら、親がサポートしてあげたり、できた時には思いっきり褒めてあげることが必要ですが、この過程でこれらの力がぐんぐん育まれます。

ずけいキューブつみきには、パターンカードとできたねシールがついているので、パターンを作ることが出来たらシールを貼ってあげましょう。幼少期に達成感を味わう事、成功体験は非常に重要です。

4.2.5cm、5cm基尺のつみきと相性抜群

基尺を合わせた積み木を追加購入していくと、積み木遊びの幅を広がります。別のメーカーの積み木でも、基尺が同じであれば、一緒に組み合わせて使うことが出来ます。

こちらの蝶のような積み木はNaef/ネフ社 ネフスピール図形キューブつみきの基尺は2.5cm。ネフスピールは5cm基尺なので、キューブつみきを2つ合わせるとピッタリ。色合いも不思議と合っています。

木箱に入れても、可愛く納まっちゃいました。

さらに、別の積み木とも偶然基尺が合いました!こちらは初めて買った積み木で、それぞれのパーツの数が少なく、なかなか上手く遊べていませんでした。でも、図形キューブつみきと組み合わせることで、立派な車庫が出来ちゃいました。

まとめ

1歳時点での遊びなので一部分しかお伝えできませんが、ずけいキューブつみきの魅力が伝わったでしょうか。1歳から購入しても損はないですよ。

今後、遊び方の変化と共に記事を追加していく予定です。パターンカードを使えるのはいつごろでしょうか。成長と共に、どんな作品を作ってくれるのか楽しみです。