夫が退職!転職にあたり旦那さんを追い込まない妻の取る行動や心得

スポンサーリンク

旦那さんが仕事を変えるというのは、妻としても心配です。我が家でも、この問題にぶち当たりました。

 

まずは子供が0歳のとき。上司のパワハラや仕事内容など最悪な状況がずっと続き、夫に限界が来ました。

 

転職活動までしましたが、色々あって会社に留まることを決意。それでもまた一年後に「退職したい」と言われました。

 

私は、夫を支える良き妻でいようと決意しながらも、最終的にボロクソ言って、病んでいる旦那を追い詰めてしまったダメ妻です。

 

あれから約2年、会社の環境も変わり、転職しない方向に固まってきたかな?という状況で落ち着いています。まだ可能性はゼロではありませんが。

 

今回は、旦那さんが転職しようとしている奥さんに向けて、私の反省だらけの体験談を踏まえて、何をするべきか、どういう態度をするべきかなどアドバイスしたいと思います。

 

スポンサーリンク

まずはお金の心配!貯金額や今後動くお金を把握して

まずお金かよ!と言われちゃいそうですね。でも、生活がかかってるんです!まずはお金を把握しないといけません。

 

転職活動にもお金がかかる場合が多いですし、引っ越し代や家賃など様々お金がかかります。居住地、転職エリア、転職活動期間など、お金に余裕があるかないかで状況は変わります。

貯金額の計算

銀行口座や手元に今いくらあるか把握してますか?まずはこれを確認しましょう。この先のプランを考えていくのに非常に重要です。

入ってくるお金、出ていくお金

退職したらかかるお金、入ってくるお金を予想しましょう。

入ってくるお金

  • 退職金
  • 失業給付(通常は退職後3ヶ月目から支給)

出ていくお金

  • 毎月の生活費
  • 国民年金
  • 国民健康保険(会社の任意継続もあり)
  • 住民税
  • 引っ越し費用
  • 転職活動費(電車賃、ホテル代、食事代等)

 

生活の条件によってかかるお金に幅が出ます。都内に住んでいて都内で転職活動をするのはスムーズでしょう。

 

我が家は転勤で縁もゆかりもない北関東に来ているので、転職活動をするのはおそらく仕事の多いであろう東京が第一候補。転職活動の度に交通費やホテル代がかかります。

 

また、今の借り上げ社宅を新規の個人契約に切り替えてもらって退職後も住み続けるか、お互いの実家に一度戻るか、どこかに新しく引っ越すかという選択肢が出てきます。(無職の状態だと賃貸契約できない可能性あり)

 

理想は、会社に勤めている間に転職活動をして、次の会社にすぐ行けることですが、夫の会社は休みを取るのが難しく、最後の有休消化期間と退職後に転職活動をすることになるだろうと予想を立てました。

 

色んなケースを想定しましたが、どれにしても県をまたぐので引っ越し費用だけ考えてもかなりのもの。引っ越しをしたところで、転職先が決まればまた引っ越しという可能性は大です。

 

転職活動にかけられる時間とお金を予想

理想は在職中に転職活動をして、次が決まってから退職という流れです。しかし、転勤で地方にいて転職活動が遠方になる人はなかなか難しいです。

 

そうなった時に、これまで計算してきたお金を元に、どのくらいの期間猶予があるか予想しましょう。

 

意外と生活費ってかかります。転職活動に半年も使ってしまうと、ドーンと貯金が減っちゃいます。考えただけで不安になりますが、これが現実…

 

節約をして、妻も働いてお金の心配を減らす

こういう時こそ支え合うのが夫婦。妻にも少しでも収入があると安心です。現在、専業主婦であれば、パートや派遣などへすぐに働きに出ましょう!

 

子育て中のママで、子供を預けて働くのは厳しいという方もいますね。そんな方は、在宅ワークがおすすめ。

 

私はウェブライターをしています。夜中しか原稿を作る時間が取れないものの、月に数万円の収入があります。

 

仮に月3万円の収入だとしても、家計には大きく影響します。年間36万円ですよ。塵も積もれば山となる!

 

 

話を聞いて、否定しない

私が最も苦手とするものがコレです。昔から男の人のプライドを傷付けてしまうことが多かった気がします。

 

仕事を辞めるというのは、相当辛い思いをして悩んだ結果の決意だと思います。それに対して、「あなたのその考えは甘い」だとか、「そういう考えだと、他の会社に行っても同じだよ!」なんて言ったらどうなるでしょう。

 

言っちゃいましたよ、私。本当に反省してます…

 

私みたいな奥さんだと、どんどん旦那さんの気持ちは落ちて、働く気さえなくなってしまうかも。さらに最悪なのは夫婦関係に溝が出来てしまうこと。

 

妻は、こういう時だからこそ見方でいてあげなきゃいけないですよね。

 

あなたならできる!と励ます

会社の役員クラスになっている人たちの奥様たちは、旦那さんを信じて励まし続けているのだそう。
まぁ、そのクラスの人たちは若い頃から出世するだろうとわかるのかもしれませんが、妻に励まされて仕事に打ち込めるのは良いこと。

 

仕事でも辛い思いをして、家に帰ってきてからもけなされるなんてモチベーション下がるに決まってます。励ましてくれる妻の為に頑張ろうと思わせるような妻にならなきゃいけないんだろうな…

 

とにかく見守る!追い込まない!

退職の決断にしても、転職活動にしても焦りは禁物。先の生活のことが心配で毎日のように状況を根掘り葉掘り聞きたくなりますが、そこは我慢。

 

これも、せっかちな私にとってとても難しいことです…ダラダラしていたら喝を入れるのも必要ですが、旦那さんを信じて見守ってあげましょう。

 

特に転職活動は1社決まったらすぐそこに決めるべきか、他の候補も当たってみるか慎重に考えるべきです。

 

本当はもっと条件の良い会社があったのに、焦らせて微妙な条件の会社に入社することになるかも。働くのは旦那さんですから、じっくり考えさせてあげましょう。

 

お金の心配があるので、妻としてはお金の心配があるので早く決めてほしいんですけどね。

 

まとめ

転職活動をすると決まったら、妻はお金のことを真っ先に把握しましょう。いざ転職活動をするとなっても、旦那さんは家のお金のことまで頭が回らない状況だと思います。

 

そして、夫が転職活動をいい気持ちでできるよう励まし、見守る。それが良き妻の姿。奥様の鏡!

 

女性も自立している現代では、男性に頼るという考え方自体消えかけていますが、やはり男性は女性から褒められると育つみたいです。ビシビシやっても逆効果。

 

私は出来なかったので偉そうなことは言えませんが、これからまたこのような事態があれば心掛けたいと思っています。

未分類
スポンサーリンク
この記事が「いいね!」と思ったらシェアお願いします
ちえをフォローする
スポンサーリンク
ちえのて

コメント