軽井沢で朝7時から賑わうベーカリー&レストラン沢村に行ってきた

スポンサーリンク

初めて軽井沢に行ってきました!せっかくの軽井沢だというのに、23時に到着、朝の9時頃には出発しなければならないという強行スケジュール。

 

そこで朝7時からやっているお店を探したところ、旧軽井沢にある「ベーカリー&レストラン 沢村」さんを見つけました。

 

このお店のお陰で、短時間の滞在でしたが軽井沢が大好きになりました。写真でご紹介します。

 

スポンサーリンク

ベーカリー&レストラン沢村に行ってきた!

2017.9.23(土)の7時半に到着。駐車場にはすでに沢山の車が停まっていてビックリ!

 

軽井沢はオシャレなモーニングを食べられるお店が沢山ある事でも有名ですが、7時からやっているお店は意外と少ないのです。

 

外観。1階の緑の屋根の部分がレストラン。朝はモーニングスペースとなります。

 

こちらのSAWAMURAと書いてあるところの1階がパン屋です。

2階は広いイートインスペースとなっています。1階のテラス席もイートインできますが、この日は雨なので皆さん室内で過ごしていましたよ。

 

それでは中に入ってみましょう!

入った瞬間「スゴーイ!」と夫と目を合わせました。きっと私の目はキラキラに!ハード系が多い印象でしたが、甘いデニッシュやフワフワ系も充実しています。

 

バゲットも美味しそう〜!

 

食パンはいくつか種類があったため、悩んでしまいました。でも、とても感じの良い店員さんが説明をしてくれたので楽しく選べました。写真の許可も快くOKしてもらえました。

 

 

この長野県産の小麦粉を100%使用した食パンを、義実家へのお土産にチョイス!パン・ド・ミ 1本 900円。

海外で品種改良を繰り返し、安く手に入る小麦粉は恐ろしいですが、長野産の小麦粉ならなんとなく安心。

 

ちなみに、パン好きの私が小麦製品を控えるようになったきっかけの本がコレ。家では小麦粉の代わりに米粉を使い、パンを食べるのは外食の時だけにしています。グルテンフリー生活を始めると、あっという間に体の調子が良くなりますよ!でも、小麦製品は美味しいので完全にはやめられませんよねー( ;∀;)

イートインスペースで食べてみた

こちらはパン屋正面のイートインスペース。

 

雨なので、2階の室内のイートインスペースで頂くことに。

アイスコーヒーM  457円

アイスカフェラテS 457円

ベーコンエピ 260円

クリームチーズノア 280円

クリームパン 200円

渋皮栗のデニッシュ 380円

 

実は、ホテルの朝食も軽く食べてきた私達。そこで、私は食後のデザートのつもりでモンブランのデニッシュを。

これうっまー!!!!!!!!!!!ペロッと間食。甘すぎないほど良い甘さが好みで、サクサクなのにボロボロ落ちないデニッシュも最高。

 

他のパンもどれも美味しかったです。息子はクリームパンを食べて大喜び。生憎の雨でしたが、緑を見ながら食べるパンは美味しさ倍増!

 

2階のイートインスペースには、絵本コーナーがありました。

 

有名な本が沢山並んでいたので、気になっていた本をチェック!

息子の反応を見ながら、次に買う本を考えたりして、楽しい時間を過ごすことが出来ました。子連れ歓迎な雰囲気でありがたいです。

 

ベーカリー&レストラン沢村の情報

軽井沢には旧軽井沢店、ハレルニテラス店の2つがあります。今回ご紹介したのは旧軽井沢店。系列店は東京にもありますよ。

●HPをチェック☞ベーカリー&レストラン沢村

住所:〒389-0103 長野県軽井沢町軽井沢12-18

電話:0267-41-3777

 

  • ベーカリー 7:00~21:00(季節により変動あり・HPを確認してください)
  • モーニング 7:00~10:00
  • ランチ 11:00~16:00ラストオーダー
  • ディナー 16:00~21:00ラストオーダー(繁忙期は22:00ラストオーダー)

 

おわりに

軽井沢を早朝から楽しみたい方はぜひベーカリー&レストラン沢村をチェックしてみてくださいね。きっと満足していただけると思います!

 

次回はモーニングメニューも食べてみたいし、ランチやディナーも食べてみたい!他にも気になるお店も沢山あるし、軽井沢に何泊すれば足りるのでしょうね。また絶対行くぞー!!

 

 

おでかけ
スポンサーリンク
この記事が「いいね!」と思ったらシェアお願いします
ちえをフォローする
スポンサーリンク
ちえのて

コメント