窓の隙間で冬越しした100匹ものカメムシを駆除!その方法とは

スポンサーリンク

いま私は、大自然に囲まれた実家で過ごしています。そこで大問題が!カメムシの発生です。

 

春になり気候が良くなるに連れて、眠っていたカメムシたちが活動を始めたようなのです。そこで、人生初のカメムシ駆除作業をやってみました。

スポンサーリンク

恐怖のカメムシ

3月末、深夜にパソコンに向かっていると、突然頭上でバタバタバタッ!

 

ヒー!と固まる私。頭上の電気のあたりに何か虫がいることはわかりました。でも、怖くて見ることすらできません。だって顔に向かって飛んで来たらイヤだし。

 

小さくなりながら遠くに避難。そしてその正体を見てみると、カメムシでした。

 

見た目も臭いも昔から大嫌い!そんなカメムシが、その日から毎日出てくるようになりました。

カメムシの駆除方法

大嫌いなカメムシに毎日出会うのはイヤ!虫が得意な母に協力してもらいながら駆除作業をやってみました。その方法をご紹介します。

①ガムテープ

両親に聞いてみると、カメムシはガムテープで取るとのこと。ハエたたきは叩くとニオイが出てしまうのでカメムシには不向き。

 

残酷だけど、ガムテープをカメムシの背中部分に当ててクルッと包み込みます。はじめは怖かったけれど、カメムシは近付いてもあまり動かないので慣れると平気。

②窓の隙間に「虫こないアース」

窓を締め切っているのに連日現れるカメムシ。不思議だなーと思っていると、カメムシの居場所がわかりました。

 

ここですよー。

網戸や窓ガラスに使用する虫除けスプレー虫こないアースを吹きかけて放置していると…

 

出てくる出てくる!2日間でおそらく100匹は出てきたと思います。(60匹くらいは普段閉めっぱなしの1箇所に集中)あの隙間にビッシリ隠れていたなんて…。

あまりの数の多さに掃除機で吸い取りましたが、掃除機はオススメしません。掃除機を使うたびに強烈なカメムシ臭が!(中でカメムシが生きているため)しかも、紙パックを交換したあともカメムシのニオイが残ります。

 

我が家のように大量であれば掃除機が手っ取り早いけれど、そうでない場合はガムテープがいいかも。

③ハッカ油

まだ試していませんが、ハッカ油も効果があるとか。カメムシはニオイに弱いみたい。ハーブを植えるのもカメムシ対策になるそうですよ。

 

子供がいるためあまり殺虫剤は使いたくありません。日常的なカメムシ対策はハッカ油にしようかな。

おわりに

今回の駆除方法で、カメムシとの遭遇にビビる日々から解放されました。定期的にスプレーやハッカ油を使用して、カメムシを寄せ付けないようにしたいと思います。

 

それにしてもカメカメムシの生態には驚きました。カメムシは大きく見えますが、ペターンと薄くなることが可能なのです!

 

築30年近い実家は窓に歪みが出てきており、その僅かな隙間からカメムシたちが侵入。そして窓のレール部分で冬越し。頭いいなー。もう家には来ないでね。

未分類
スポンサーリンク
この記事が「いいね!」と思ったらシェアお願いします
ちえをフォローする
スポンサーリンク
ちえのて

コメント