全ての支出を月ベースで予算分けしてボーナス頼りの赤字家計簿を改善

スポンサーリンク

これまで何度も家計簿にチャレンジしては挫折してきました。そこでたどり着いたのが、月の貯金額だけを把握するという簡単家計簿。

トラベラーズノートでズボラ家計簿!続かない人でも月1ならできる
家計簿を毎日きっちり続けられる人って本当にすごいですよね! 私はスマホのアプリ...

 

この方法で僅かながら貯金できていましたが、これから子供が増えるにあたり、このままではマズイ!と夫と話し合いの機会を設けました。

 

そして、2018年は完全に予算決めをして家計を把握することに決定!家計簿を記入する作業は大変になりましたが、早速良い効果が出ていますよ。

 

これまでが緩すぎたので参考にならないかもしれませんが、我が家の新家計簿についてまとめます。(始めたばかりなので効果はまた今度!)

スポンサーリンク

我が家における家計簿の問題点

ズルズルと意味をなさない家計簿を続けてきた我が家。書いたところで分析もできず、どう管理するのが正解なのか分かりませんでした。それには原因がありました。

【問題点1】月の給料でやりくり不可能

我が家の家計はボーナスありき。固定費、夫の小遣い、さらに不足分を渡していくと食費や日用品に回すお金が消えます。それでも、ボーナスを期待してあまりケチケチした生活をしてきませんでした。(と言っても、夫は趣味にお金がかからず、私は専業主婦なので服や美容代がかかりません。)

 

でも、もしボーナスを〇割カット!などという事態になれば大変です。予算を決めて、無駄を削減していかなければ。

【問題点2】特別支出が多い

我が家の家計簿を圧迫している大きな原因、それは特別支出です。我が家で特別支出に分類していたものはこちら。

 

  • 帰省費
  • 冠婚葬祭
  • 交際費(飲み会・ゴルフ)
  • 夫のスーツ・靴代
  • 車関係(車検・タイヤ代)
  • 家電

ある月に突然ドン!と支出の増える原因となるものを全て特別支出としていましたが、これらにお金を使わない訳にもいきません。

 

そして、これらの特別支出はなぜか毎月やってきます。月の給料ですでに赤字なのにさらに赤字へ…。どうしたらいいのー?

【問題点3】夫の支出が把握できない(小遣い・会社立て替え等)

私が家計簿をつけていて無意味だと感じた一番の原因はコレ!夫はお小遣い制ですが、そもそもその金額では足りません。

 

仕事でお金を立て替えることも多く、結果的に小遣いの3倍以上のお金を渡すこともありました。その都度詳細を聞くのも面倒なので、手持ちの現金がなくなってきたら追加で数万円渡します。

 

数万円が何に消えているのかがわからず、数十円、数百円をケチるのがバカらしく思えてきました。夫は毎日お酒やたばこの嗜好品で1,000円近く使っていますしね。

我が家の新家計簿はエクセルを使用

エクセルのオンラインテンプレートをダウンロードして、我が家に合うように加工して作成しました。

 

こちらが年間の予算(金額は隠しました)。これとは別に詳細を記入していくシートもあります。

引くほど細かいですよね…。思いの他、夫がやる気になりどんどん細かくなりました。

 

これだけ見ると大変そうに見えると思いますが、ベースさえ作ってしまえば調整するだけです。大変なのは、別シートに日々使った金額を記録していくこと。

新家計簿のポイント

新家計簿では、想定される支出を全て入れ込み、目標の貯金額を達成できるように食費や日用品の金額を調整しました。エクセルなら自動計算してくれるので楽ちん!

 

考え方のヒントにしたのはあきさんの家計簿です。とはいうものの、我が家では特別費を排除し、かなり細分化して作成しています。

1.ボーナス払いや想定される特別支出を分散化

我が家では、

  • 生命保険料
  • NHK受信料

をお得な一括払いにしています。

 

また、帰省費やボーナス月の車のリース代等で、ドッカーンとお金が引き落とされることがよくあります。これらを12ヶ月に割り振ることにしました。冠婚葬祭、家電の故障への備えや夫のスーツ代に使うであろうお金も毎月積み立てます。

 

これにより、毎月激しく上下していた総支出が平均化され、月の予算を立てやすくなりました。

2.夫が使うお金を細分化

これまでは夫が使うお金すべてを「小遣い」にしていました。それを、小遣いの金額を減らし、新たに「ランチ代(基本は弁当持参)」と「交際費(飲み会やゴルフ代)」を設けました。また、会社での立て替え分は別途現金で渡すことに。

 

これにより、夫の小遣いは自由に使えるお金のみ(タバコや麻雀等)となります。何に使っているか不明だったお金がハッキリするため、私のストレスは無くなりました。

3.専業主婦の私にも小遣い制を導入

貯金できない原因に多いのが、妻の無駄遣い。私は専業主婦で毎日息子と公園やスーパーに行くだけの生活。公園や家で友達と会うことが大半で、ママ友とのランチ代などでお金がかかることは稀です。

 

でも、振り返ってみると、

  • 100円ショップだからこのくらい使ってもいいよね!
  • 楽天セールはまとめて買わなきゃ損!何か他に買うもの無いかしら?
  • 特売だからまとめ買いしておこう
  • セールの時期だから来年用の服でも買おうかな

とちょこちょこ無駄使いしているのです。安いから、お得だからと買ってしまいますが、買わない方がお得な場合も多いです。

 

そこで、私にも小遣い制を導入することにしました。もし使わなければ来月へ繰り越し。欲しい物を罪悪感無く買えるのです!

 

奥さんが家計を管理している場合、どうしても自分に甘くなりがち。我慢しているようでしていない。振り返れば、都合の良いように使ってしまっていたなぁ…と思う人は小遣い制にしてみるのも良いと思います。

 

新家計簿の良い効果

まだ始めて日が浅いですが、確実に効果が出ています。

 

  • 外食費削減のため、週末のどちらかは弁当持参でお出かけ
  • ウォーターボトルで飲み物代の節約
  • 光熱費への意識の高まり
  • 食材は週末のまとめ買いで1週間やりくり
  • 買い物メモ以外の物をできるだけ買わない
  • 息子のおやつは手作りを増やす
  • 大人もおやつを買わなくなりダイエットにもなる

 

買い物をするたびに家計簿を記入することになるので、週末にまとめ買いをして平日はできるだけお金を使わないように心掛けるようになりました。

 

夫も家計が「見える化」されたことでやる気になり、とても協力的。

 

私は食費を予算内におさめれば、平日に息子とランチに行ってかかったお金も食費から出して良いことになりました。やったー!良いことだらけ。

 

節約にお弁当と水筒は必要不可欠!お客さんとのランチ予定以外の日は毎日お弁当です。

冷めても美味しい弁当箱「曲げわっぱ」で愛妻弁当はバッチリ!
お弁当箱はどんな物を使っていますか?私が愛用しているのは、曲げわっぱ弁当。 結婚当初に...
水筒からオシャレなウォーターボトルに!パッキンのカビ、さようなら
我が家にはステンレスの水筒が3本あります。私が1本、夫が2本、毎日使っているのですが、あるス...

おわりに

やはり家計簿をつける上で、家計を把握、予算を設定することは大切だなと感じました。ダラダラお金を使うのではなく、メリハリをつけて有意義に使いたいと思います。

 

この家計簿で貯蓄が増えたかどうかはまた1年後。目標を達成できるように頑張ります!

 

生活
スポンサーリンク
この記事が「いいね!」と思ったらシェアお願いします
ちえをフォローする
スポンサーリンク
ちえのて

コメント