トラベラーズノートでズボラ家計簿!続かない人でも月1ならできる

スポンサーリンク

家計簿を毎日きっちり続けられる人って本当にすごいですよね!

私はスマホのアプリを利用したりノートを変えたりと試行錯誤してきましたが、毎回挫折…
でも、やっと私にピッタリの方法が見つかりました!

それは、月に1度だけ記入する家計簿です。つい最近購入したダイソーのトラベラーズノートにまとめてみたので、私の家計簿遍歴とともにご紹介します。

私の家計簿遍歴

私のこれまでの家計簿遍歴をまとめます。

1.無印良品のノートでオリジナル家計簿

左の家計簿が新婚当初から頑張って付けていた家計簿。無印良品の罫線ノートを使用しました。インスタなどで大人気のづんの家計簿には及びませんが、かなり細かく書いていました。

こんな感じです。

夫の小遣いは3万円のはずなのに、飲み代やらなんやらで10万円にもなっていますね( ;∀;)

このページは左にレシート、右に詳細を記入。ザックリと種別に分けて書いています。

この家計簿は書くことで達成感があり、私、主婦やってるー!的な喜びはありました。でも、書くだけで反省をしない…やってる意味あるのか?と疑問に思い始め、書くことが苦痛になっていきました。

でも、書くことが好き!分析が好き!という方にはかなり効果的な方法だと思います。

2.スマホアプリ

次に導入したのがスマホアプリ。自動的にグラフにしてくれたり、銀行と連動して管理できるのが魅力的でやってみたのですが…

  • 入力してくださいの通知がウザイ
  • 全てを徹底的に入力しないと実際の数字とズレまくる
  • 微調整の仕方が分からない
  • スマホに入力するのは意外と面倒

という理由でやめました。3つくらいアプリを落としましたが、どれも私には合いませんでした。

3.トラベラーズノートに毎月通帳の残高を記入

 子供が産まれるにあたり、夫とお金の話は何度もしました。スマホを格安スマホにしたり、保険の見直しをしたり、できることは全てやったつもりです。

あと削れるものと言ったら、夫のタバコ、酒代。結婚当初からチクリチクリ言っていますが、夫には無理のようです。

となると募るのが私のイライラ!家計簿をつけて現実を目の当たりにする度に、夫に不満を持つようになったのです。

そこで、ストレスの根源である家計簿を最低限の物に変えることにしました。

本当に適当ですが…
トラベラーズノートに、夫の給料が入った時点で、すべての口座の残高と現金をまとめるだけ。これなら私でも続けられます。しかも、記入するのを忘れていても、通帳を記帳して辿ることが出来ます。


こんなに簡単な家計簿でも、昨年の同月と比較したりできるのは便利です。

月々のお金の増減を把握することで、「最近外食が多かったから今月は控えめにしよう!」などと節約意識を持つことが出来ます。


夫に対する気持ちの面でも良い効果が!これまでは、「私がケチケチして生活しているのに嗜好品に使いやがって!」とイライラしたのが、残高が予想以上に減らない限りイライラすることが無くなったのです。私自身、使う時は使う!と思えるようになりました。

4.3をアレンジ!ダイソーのトラベラーズノート使用

 2人目の妊娠を機に、改めてお金について考えました。2人が全て国公立に行ったとして最低2,000万円、私立ならもっとかかります。育児が少し落ち着いたら私も働くとして、最低でも1年で100万円以上の貯金が必要です。

これでも絶対足りない…

よって、3のザックリした家計簿だけではダメ!もう少ししっかりと管理しなきゃ!となりました。

そこで、最近購入したダイソーのトラベラーズノートを家計簿専用にすることに。

ダイソーのトラベラーズノートが意外と本格的!本家と比較してみた
ダイソーをプラプラしていると、トラベラーズノートを発見しました。 250円でリフィルが2冊付いてる!...

私の現在の家計簿を詳しく紹介

それでは、現在の家計簿をご紹介しますね。

内容は3の家計簿とほぼ同じ。分かりやすく表にしてみました。

また、大きくお金が動いた時は、付箋に記入しています。後で「あれ?なんでこんなに減ってるの?」なんてことが無いようにする為です。

我が家はほぼクレジットカード生活なので、支払いに関わる内容には引き落とし月も記入しています。

さらに今回はこちらを追加!

紙を広げてみます。

細かくてわからないと思うので、アップにしてみます。

家族の年齢と、積み立てている保険料や持株会について一年ごとにわかるような表を作りました。

我が家では、夫の方針で掛け捨ての保険はしません。そのため、ここにあるのは途中解約しない限り全て貯金と考えて良いのかな?

これらに加え、年度のはじまりと終わりの通帳の残高と現金の合計もわかるようにしました。こうすることで、全ての資産を把握できます。

また、右側に予定の欄を作り、先の計画も立てられるようにしました。

こちらは作ってしまえば、年に1~2度記入するだけ。私の家計簿は、毎月の残高の記録がメインです。

今回、家計簿をリニューアルするにあたり、こんなものも作ってみたのですが…

まだ2日しか書いていませんが、すでに挫折しそうな予感でいっぱいです…もし続いたらまたご報告します!

おわりに

家計簿が苦手な私でも続いている方法をご紹介しました。きっちり家計簿を書いて節約に成功されている方から見たら「緩すぎる!」と言われちゃいそうですね。

でも、私のような家計簿に挫折した方は、最低限残高の把握だけでもしてみてはいかがでしょうか?

きっちり家計簿を書きたい人は、づんさんの家計簿を参考にするといいと思います!ここまでできたら貯まるんだろうなぁ…