2017年4月グーグルアドセンス合格体験記②一度目の敗因はパーマリンク変更後の404エラー

スポンサーリンク
2017年4月8日、ブログ開設から2ヵ月、グーグルアドセンスに合格しました!

アドセンスに挑戦している人のために、合格体験記を書いています。と言っても、操作の仕方などはバズ部さんなど詳しく書いているブログが沢山あるのでそちらを参考にしてくださいね。

私の合格体験記は、こんな初心者でも合格できるのかー!とモチベーションアップのために読んでいただければと思います。

さて、合格体験記第二弾は、アドセンス審査一度目の失敗の原因についてです。パーマリンク設定を途中で変更した人は要注意ですよ!

アドセンス審査1回目の結果は審査不能

グーグルアドセンス一度目の挑戦は、審査不能。一つのページのURLをあげて、サイトがダウンしているか、表示できない状態でしたと言われました。

そこでハッとします。これ、パーマリンク変更する前のURLだ!これ残っちゃってるの?

リダイレクトをして改善

無知ってコワいです。記事の投稿画面で簡単にURLを変更できるものだとばかり思っていたら違いました…

パーマリンクを途中で変更するときは、リダイレクトの作業をして、古いURLと新しいURLをつなげてあげないといけないんですね。

グーグルから指摘されたのは一つだけでしたが、記事公開後にパーマリンク変更をしたのは15記事以上。それらを全てプラグイン「Redirection」を使用して修正しました。

旧URLを探すのに手こずった

現在のURLは、公開されている記事を見れはすぐにわかります。でも、すでに変更済みのURLを全て探すのはちょっと大変でした。

こちらは、グーグルアナリティスク→行動→サイトコンテンツ→ランディングページ。過去に見られたページが全て出ています。

たとえば、1番のURLがありますね。この右側にある矢印のボタンをクリックすると、404Not Foundのページが出てしまっていました。

これを現在のページにつなげるために、まずは現在のページと旧ページのURLを照合する必要があります。

調べ方ですが、URLの中に60という数字がありますね。この数字を使います。

この場合、chie-note.com/?p=60、5番は60を93にしてインターネットの検索画面で検索すると、それぞれ今現在のページが出てきます。

これがわかれば、あとはRedirectionのプラグインを使ってリダイレクトするだけ。変更するページが沢山ある人は、はじめにエクセルなどのまとめておくと作業が楽ですよ。

リダイレクト後は、先ほどの矢印のボタンを押すと今現在のページが出てくるようになります。

全て修正後、審査合格のメールが!

不合格の通知をもらってすぐにリダイレクトをして修正、そしてその日のうちに再申請しました。

翌日、更に修正できていないページを発見、さらにサイトマップがうまく表示されていない事にも気付き、修正しました。すると、その翌日に合格のメールが届いたのです。

反省

私がアドセンス審査に向けて色々手こずったのは、しっかりとやり方を調べてから始めなかったからです。

今回の件以外にも、見出しの付け方、カテゴリの分類分けなど、自己流でやって後から修正することがいくつかありました。とりあえずやってみよう!という私の性格が、無駄な作業を増やしてしまっていました…

逆に言えば、「ワードプレスを始める時にやるべきこと」といったブログ記事をいくつか読んでから始めれば、私のような間違いを犯すことは無いでしょう。

まとめ

私と同じ状況で困っている人はいるのでしょうか…お役に立てるかわかりませんが、もし同じ状況で困っている人がいたら、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする