これまでの服が似合わない!それは育児で急激に肌が劣化したせいかも

スポンサーリンク


みなさんは、これまで着ていた服が突然似合わないと感じたことはありませんか?

私は30歳で出産をし、それから育児中心の生活を送ってきました。授乳も終わったし、オシャレしてみようと思い立ったのですが、昔着ていた服がとことん似合わないのです!つい2年前に着ていたお気に入りのシンプルなワンピースもダメ…オバサン感がすごいんです!

なんでなんでなんでー????

そういえば、最近メイクも不自然な気がする…考え始めたら、何がおかしいのか、自分に何が似合うのかわかりません。そこで思いついたのが、化粧品のカウンターに行くこと。とりあえず、今の顔に似合う口紅を探そうと思ったのです。そこで思いがけなく肌診断をしてもらうことになり、衝撃の結果を知ることになりました。

今回の肌診断の結果をもとに、服が似合わなくなった原因と、無理なく今できることを探ってみます。ちょっと長いですが、同じような状況の方はぜひお付き合いくださいね。

産後1年には薄々感じていた自分の変化

すでに出産から1年9ヶ月経過しています。でも、自分の変化に気付き始めたのは、息子が1歳になったあたりから。2年前の写真を見て、「何か違うけど何がちがうんだろうねー」なんてママ友と話すこともありました。

化粧も薄くなったし、公園に行くのが日常の今、キメキメのファッションをすることもナシ。本気を出せば、前みたいに戻れると思っていました。

でも、出産後1年9ヶ月が経った今、昔とは明らかに違う自分に気付いてしまいました。どう考えてもオバサン化…服が決まらない、何が似合うかわからない、メイクにも違和感。

昔から太り気味で、痩せてはリバウンドを繰り返してきた私は、痩せたら人は簡単に変われる!と思っています。でも、痩せるだけでは立ち向かえない老化と劣化を目の当たりにしたのです。

肌診断の結果は?実年齢以上の肌にショック…

今の自分に似合う口紅を買おうと、久々に行ったコスメカウンター。そこでの肌診断の結果がコチラです。

水分量

平均以下。元々乾燥気味の肌でしたが、これまで平均を下回ることはありませんでした。

油分

最低レベル。本当に脂分が無いのだそうです…思い返せば、20代の頃は油取り紙を使っていました。ここ数年必要ありません。最低レベルとはショックです!

キメ

荒れまくり。乱れているものの、溝はしっかりとあることや30代という年齢から改善できるとのこと。
妊娠中はキメが整っていたので、こんな結果になるとは思ってもみませんでした。この結果にも大ダメージ!

シミ・くすみ

もちろんアリ。昔から焼けていましたし、息子が歩きだしてからは毎日公園に行っているので、半ば諦めています。出産後、ドッと出てきました。

肌年齢

実年齢以上という結果になりました。具体的な年齢は出ませんでしたが、これまでの結果が悪すぎたので40代?50代?恐ろしいです…

さらに、痩せたために頬の肉が薄いらしいのです。身体は痩せないのに、出産後、顔の肉がどんどん落ちて、「痩せたね」と言われることが増えたのでこれは納得。脂肪が多い人に比べると刺激を受けやすいのだそう。

また、頬の毛穴詰まりを指摘されました。鼻の毛穴詰まりは日々気にしていますが、頬の毛穴の詰まるの?と驚きでした。クレンジングをしっかりとしないといけません。

服が似合わなくなった原因

 衝撃の結果に、肌がこれだけ衰えれば顔も変わるよなぁ、服も似合わなくなるわ…と納得。自分なりに、服が似合わなくなった原因を考えてみました。

1、単純に加齢のせい

25歳がお肌の曲がり角、そして30歳を越えてしまいました。加齢は否めません。

若い頃はどんな服でも若さでカバーできるため、似合わない服を着ていても違和感はそこまで無いのだそう。でも、年を重ねるにつれ、そのカバー力が無くなり、似合わない服を着ていると違和感が強烈に出てしまい、イタイ人になっちゃうわけですね。

2、出産による体型の変化

昔から太っていたので、体型の大きな変化は感じていません。でも、明らかにお肉が柔らかくなりました

昔は固太りと言われて、ガチガチの筋肉質に見られました。でも、今はとても柔らかく、ハリがなくなりました。

自分ではあまり自覚していませんが、服が似合わなくなったことに少なからず影響を与えている気がします。

3、育児中心の生活で肌が劣化→顔が変化

BAさんのお話を聞くうちに、服が似合わなくなったのはこれかぁ!とピンときました。肌が劣化して顔の印象が変わったんだと思います。

育児って、肌にとって最悪なことばかり…その内容を具体的にあげてみます。

睡眠不足

睡眠不足は肌の大敵!でも、母乳育児だと特に寝られません。2~3時間おきに起きることもありますね。それがずっと続くわけです。つい最近までそんな生活をしていました。

紫外線を毎日長時間浴びる

育児ママは子供の遊びに付き合うためによく公園へ行きます。私も毎日公園へ行き、1時間くらいは遊ばせています。帽子をかぶっても紫外線は防ぎきれません。紫外線も肌の大敵ですよね!

ストレス

ストレスも肌によくありません。仕事をしていてもストレスはありましたが、育児のストレスは独特。あんなに嫌だった通勤や仕事の方がマシ!なんて思うこともある程です。

ただ、このストレスと引き換えに、息子からは癒しや幸せを沢山もらっているんですけどね。

ケアに時間をかけられない

産後からこれまでの自分にかけてきた時間と言ったら…毎日のメイクは余裕があるときはしっかりできますが、大半はちゃちゃっと終わらせています。

それにお風呂上がりの保湿は一瞬!5秒くらいかもしれません。すぐに息子を追いかけて着替えですもんね。

産後のホルモンバランスの変化

妊娠中から産後はホルモンバランスが乱れます。産後1~2年で妊娠前の状態にもどるそうですが、この乱れた状態を放置しておくとどんどん劣化が進みます。
産後は忙しくて自分に時間をかけられませんが、本当は時間をかけてあげなきゃいけない大切な時期なんです。

今の私にできることは?BAさんのアドバイスから

お金をかければどこまでも自分を磨くことができます。ですが、なかなかそういう訳にもいきません。子供の為に貯金をするのが精一杯。

その中で、今の私ができることはあるでしょうか。BAさんのアドバイスをもとに考えてみます。

クレンジングをしっかりと

基礎化粧水にお金をかけられなくても、クレンジングはゆっくり優しく丁寧にやってくださいとのことでした。なぜなら、肌には自分で汚れを落とす力は無いから

丁寧に肌ケアをする

忙しいと肌のケアに自然と力が入ります。息子とのお風呂上りはドタバタ。全くケアに時間をかけていませんでした。

「お子さんが寝てから、改めて丁寧にケアをするといいですよ」とアドバイスをもらいました。

コラーゲンを飲む

ハリが無い肌には、コラーゲンなどの栄養成分を足してあげることが必要です。以前買ったコラーゲンのパウダーがあるので、飲み続けてみようと思います。

睡眠をしっかりととる

授乳も終わり、夜中に起きることは減りました。でも、夜更かしをすることは多いです。このブログもそうですが、息子が寝ている間に色々やってしまおう!とついついやってしまいます。

お肌の為にも、睡眠をしっかりととって規則正しい生活を送らないといけませんね。

基礎化粧品の見直し

ここは家計との相談になりますが、クレンジングや美容液のサンプルを頂いたので、良い物があれば検討したいと思います。

ダイエット

これまで肌のことばかりあげてきましたが、体型も重要です。肌の改善に加えて、身体を引き締めて、若々しいシルエットにならなければ!

ダイエット目的で食事の改善や運動をすれば、代謝やホルモンバランスが改善されて、肌への効果も期待できます。

まとめ

育児中のママの中には、常に自分磨きをしている方もいますよね。私は育児で自分のケアをおろそかにしたダメママの典型かもしれません。

私の肌はまだ改善できる状態とのことなので、これを機に意識革命していこうと思います。これからの課題は、

  • 肌の改善
  • ダイエット
  • 30代これからのファッションの研究

といったところです。急スピードでオバサンに向かっている私、がんばれー!

服が似合わないショックに加え、肌診断の最悪の結果のダメージから、当たり前のことをつらつらと書いてしまいました。ここまで読んでくださりありがとうございました。

もし私のように劣化を感じているママさんがいたら、肌診断を受けてみることをおすすめします。新たな発見があるかもしれませんよ。

2017.8.20追記

この記事を書いた三か月後に、実年齢より-5歳まで復活しました!

産後ダメージで実年齢以上の肌がPOLAモイスティシモで-5歳に!
以前、肌診断をしてもらったところ、衝撃の結果だったという記事を書きました。水分量、油分、キメ、くすみ、シミ、肌...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする