【断乳体験談】寝かし付けが楽、睡眠食事など断乳後の息子の変化

スポンサーリンク

断乳して一ヶ月が経ちました。断乳するまでの1歳7ヶ月、ずっと添い乳で寝かし付けをしていましたが、おっぱいをやめて、本当に寝かし付けが楽になりました。

断乳後の息子の寝かし付けの様子や、睡眠時間、食事についてまとめます。断乳、卒乳に踏み切れずにいるママの参考になれば嬉しいです。

断乳について他の記事も書いているので、こちらもぜひ。

【断乳体験談】1歳7ヶ月の断乳!キズパワーパッドの効果は絶大
息子が1歳7ヶ月の時に断乳をしました。出産してからずっと頑張ってくれたおっぱいの役目もついに終わり。断乳はかなり大変だと聞いていましたが、あっさりの断乳となりました。キズパワーパッドとぬいぐるみを使った断乳方法と流れをまとめます。
【断乳体験談】断乳時のおっぱいケアはどうする?正しい方法と体験談
1歳7ヶ月の息子の断乳に成功しました!今回は断乳時のおっぱいケアについてまとめます。今回は、おっぱいケアの方法と私のおっぱいの様子をご紹介します。さよなら、パンパンのおっぱい…( ;∀;)
【断乳体験談】ハリ・大きさ・垂れ、断乳一ヶ月後のおっぱいの変化
断乳をして一ヶ月が経過しました。ママ友やネットで、おっぱいが小さくなるとは聞いていましたが、まさに今、それを実...

断乳前の寝かし付けは大変だった!

今となると、よく1年7ヵ月もちょこちょこ寝る生活を続けてきたなぁと、それまでの自分の頑張りを称えたいです。

30日×19ヶ月=570

570日ですよー!!!!この期間、みんなが当たり前にしている4時間以上寝るってことをしてないんです。

寝るのが大好きな私にとって、人生で一番頑張ったといっても過言ではありません!(どんだけ甘い人生なんだー!とか突っ込まないでね。)

添い乳での寝かし付けは長時間

添い乳をして寝かし付けると、寝ているようで寝ていない状態が長く続きました。寝たかな?と思って、おっぱいを離そうとすると、泣いたり加え直したりしました。

そんなことを繰り返していると、あっという間に30分~1時間が経っていることもあり、寝かし付けに時間がかかっていました。

夜中に3~5回起きる

まとめて寝られるのは、最長4時間。でも、これはかなり稀で、大体2~3時間で起こされておっぱいをあげていました。

私はかなり体力的にキツかったのですが、生後半年も過ぎると身体が慣れて、2~3時間で自然と目覚めるようになっていました。

私は身体が丈夫な方で身体を壊すことはありませんでしたが、息子がちょこちょこ起きてしまうのは、成長ホルモンの分泌に影響があるのではないかと心配がありました。

断乳後の息子の様子

息子が食事を食べないことや、夜中に何度も起きることで成長に影響があるのではないかと心配になり、1歳7ヶ月の時に断乳に踏み切りました。

断乳後の寝るまでの流れと、睡眠時間についてまとめてみます。こんなに楽でいいの?というくらい楽になりました!

寝るまでの流れ

特に変わったことはしていませんが、息子が寝るまでの流れを紹介します。

夕食、お風呂、歯磨きを終えたら、20時~21時まで遊ぶ

私は働きに出ていないこともあり、夕食とお風呂は早めです。18時台には済ませています。その後、パズルや積み木、乗り物の玩具などでひたすら遊びます。

「ねんねしよう」とベッドへ誘う

なんとなく眠くなってきたかな?と感じたら、ベッドに誘います。眠いと喜んでベッドに来てくれますが、嫌がっていても21時になったら強制的にベッドへ連れていきます。

ベッドに絵本を一冊持ってくる

断乳を始めた時は、いないいないばぁ!のワンワンのぬいぐるみが睡眠導入剤の役割をしていましたが、絵本に変わりました。

ベッドに誘った時に、必ず絵本を1冊持ってきます。

布団に入りながら絵本を読んであげる

「絵本読んであげるから、布団に入ってね」と言うと、仰向けに寝ます。部屋は真っ暗なので、ライトで絵本を照らしながら読んであげます。

必ず「もう一回」と言われるので、もう一回読みます。3回目も要求されることがありますが、ライトを消して、「もう終わり。おやすみなさい。」と言います。

8割この本を持ってきます。最後に「おやすみママ すきすきママ」で終わるので、そこでぎゅーっと抱きしめ合います。寝かし付けにピッタリの本です。
ママだいすき!

背中トントンで5分以内に寝る

向かい合って寝ながら、背中をトントンしたりさすったりしていると、あっという間に寝てしまいます。

たまに、まだ遊びたくて「あっち行く!」と言って起き上がるのですが、「ねんねしよう。ママとぎゅーしよう」と言って抱きしめると、少し抵抗しながらもすぐに寝てしまいます。

寝かし付けがこんなに簡単なものだとは、思ってもみませんでした。

睡眠時間の変化

夜中にちょこちょこ起きてしまっていた息子ですが、断乳後、ぐっずり眠るようになりました。

夜の睡眠は、8~9時間

断乳直後は夜中に1回起きましたが、2週間もすると朝までぐっすり眠るようになりました。20~21時に就寝、6~7時起床です。

それに伴い、私も朝までぐっすり眠るようになったので、私も息子もスッキリ起きられます!以前は日中眠くてクラクラすることがありましたが、そういうことは無くなりました。

昼寝は3時間

午前中~昼にかけて1~2時間公園へ連れ出し、13時~16時まで昼寝をします。

以前は1~2時間で起きてくることが多く、3時間寝るのは稀だったので、昼寝も熟睡できるようになったのかなと感じています。

昼寝がずれ込むこともありますが、それでも夜は21時には寝ます。

1日の睡眠時間は、12~13時間

夜の睡眠と昼寝を合わせると、大体12~13時間になります。1~3歳の平均睡眠時間が12~14時間なので、十分な睡眠と言えます。

それまでは、2~3時間で起きてしまう息子の睡眠に不安を感じていたので、不安が解消されました。

食事の変化

断乳前は、朝食はほぼ食べず、食事よりもおっぱいを求められることがほとんどでした。断乳によりしっかりと食べてくれるようになりました。

食べる量が増えた!

とにかく食べます!この変化には驚きました。それまではほぼ食べなかった白米を、子供用のご飯茶碗1杯食べるようになりました。

それに、すぐにお腹が空くらしく、バナナやおやつを欲しがります。しっかりと食べてくれるので、料理も作った甲斐があります。

水分摂取量も増えた

水は266mlのボトルで飲ませています。断乳前は1日で足りなくなることがありませんでしたが、今では1日に最低2回つぎ足します。おっぱいで水分補給していたんですね。

まとめ・断乳をしてよかった!

私は、おっぱい無しの寝かし付けが大変だろうと思って、ずっと断乳をしてきませんでした。寝かし付けで泣かれるくらいなら、寝ながらできる添い乳の方が楽だろうと。

でも、いざやってみると断然今の方が楽でした!大変だろうと思っていた寝かし付けは、添い乳の時より楽ですし、私も息子もぐっすり寝られて、息子は食事をしっかり摂るようになりました。

母乳育児をしていて体力的に辛い、子供の食事の栄養面が心配など悩んでいる人は、断乳をしてみると状況が変わるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする