育児ママにはコードレス掃除機が便利!購入にあたり条件を考えてみた

スポンサーリンク
我が家では、夫が独身時代から使っている掃除機を使っています。この掃除機はコード式。育児中の私にとって使い勝手が悪いといつも感じていました

 

そこで、コードレス掃除機への買い替えを検討。条件をあげながら、候補の掃除機を絞ってみました。
スポンサーリンク

なぜコードレス掃除機が良い?2つの理由

コードレスより、コード付きの方が吸引力が強く、価格も安い商品が多いです。それでもコードレスが欲しいと思う理由はこちら。

1.サッと使いたい時に便利

子供がいると、掃除の頻度が上がります。たとえば、食べこぼし、砂場遊びで服の隙間に入ってしまった砂など。

 

「さっき掃除機かけたばかりなのにー!」と心の中で叫びつつ、重い掃除機を運び、コードを伸ばして一瞬吸ってまた片付け。あー、面倒くさっ!

 

その点、コードレスは楽々。一瞬で作業が終わります。ママ友のお宅で、コードレス掃除機を使う様子を見て以来ずっと憧れです。

2.コード式は子供や玩具が引っかかる

掃除機というのは、物を片付けてから使用するものですよね。でも、子供がいるとそれが難しいこともあります。

 

掃除中に私の周りをウロチョロ…それに、部屋に散乱している玩具を片付けようとすると怒られることも。一緒にお片付けしてくれる時もありますが、ダメならそのまま掃除機かけちゃいます。

 

コードが引っかかる度に直し、コードが無ければどんなに楽な事か…と何度思ったことでしょう。

育児ママがコードレス掃除機に求める条件

コードレス掃除機の購入にあたり、条件を考えてみました。もちろん家電量販店で使用感はチェック済みです。

1.軽量

息子が赤ちゃんの時、抱っこやおんぶをしながら掃除機をかけることがありました。これから子供が増える予定なので、女性でも片手で操作出来るものが理想。

 

コードレス掃除機は重心が持ち手近くの物が多く、筋トレかっ!と言いたくなる商品もあるので注意が必要。

2.ヘッドを丸洗いできる

食べ物を吸引することが多いため、ヘッドの丸洗いは必須!分解できればなお良し。

3.吸引力はそこそこ

コードレスクリーナーは吸引力が劣るとよく聞きます。思うように吸ってくれないとイライラしそう…と考え、吸引力、パワーもチェック。

 

サイクロンか紙パックかはそこまで重視しません。これまで紙パックだったので、サイクロンを試してみたい気もします。

4.自立する

目指すはスッキリ収納!自立してくれるタイプが良いです。壁へ器具を設置するタイプもありますが、賃貸のため壁に穴を開けられないので候補から除外。

5.布団クリーナー機能

我が家には布団乾燥機があります。これでダニ対策はできている(と思う…)ので、あとはホコリやダニを吸うだけ。

 

ダニを殺すUVライト機能まではいりませんが、布団用ヘッドが付いているか別途購入可能なものが理想です。

 
ちなみに、布団のダニは天日干しでは効果がなく、布団乾燥機が効果的だとテレビで言っていました。我が家の安い乾燥機でダニが死ぬのか疑問ですが…

6.ナチュラルなデザイン

吸引力を重視するならダイソンに敵うものは無いようです。利用者の満足度も高く、失敗したくなければダイソンが無難なのでしょう。

 

でも、あのメタリックで近未来的なデザインが私はどうも苦手。玩具でガチャガチャした部屋がよりガチャガチャ見えそう…

 

ということで、インテリアになじむナチュラルなデザインの物が良いです。デザインは好みによって意見が分かれるところですね。

7.予算は3万円まで

私は家電マニアではありませんので、型落ちでもOK!コスパ重視です。昔買った安い掃除機でも使えていることを考えると、3万円が上限です。

 

家電量販店に行くと、5万円以上の商品ばかり。2〜3万円の商品はなんだかショボい…

 

掃除機ってこんなに高かったの?!と驚きましたが、ネットで型落ちを探せば3万円以下は沢山ありました。

候補の2機種

これまであげてきた条件により、ダイソンは候補から外れました。私が目を付けた商品はこちらの2機種。

1.エレクトロラックス エルゴラピード

様々な商品を見て触って、一番ビビビと来た商品。

 

エレクトロラックスという名前は初めて知りましたが、100年の歴史あるスウェーデンの会社なのだそう。スタイリッシュで高級感のある北欧デザインが好み。

 

重量は2.6㎏で少し重いですが、重心が下のため体感は500g。手への負担は問題ないレベルです。しかも、ハンディにも変身するという優れもの。

 

また、ボタンを押すと5秒で絡まった髪の毛や糸くずをカットしてくれる機能付き。私は髪の毛が長く、ヘッドに絡まった髪の毛をよくハサミでカットしていたので、「こんな素晴らしい機能があったなんてー?!」と感激。

 

ノズルがセットの商品を選べば、沢山の使い分けが可能。条件の一つであった布団用ノズルは2種類もあります!

出典:エレクトロラックスZB3114AKS コードレス ハンディ スティック掃除機 (ローズゴールド) エルゴラピード・リチウム electrolux

 

私が狙っているこちらの商品は、ターボパワー・リチウムイオン電池搭載。モーター効率が従来品に比べ20%向上し、サイクロン効果がよりパワフルになっています。

2.マキタ

マキタは日本の総合電動工具メーカー。こちらのコードレス掃除機は、シンプルなデザインとコスパの良さから、インスタの掃除&インテリア関係の写真によく登場しています。

 

私の友人が使用しているのを見て、「なんてシンプルでオシャレなの!」と思い、気になって調べてみました。

 

口コミによると、吸引力は特別スゴイとは言えないものの満足できるレベル。ダイソンと比較したら違いは歴然かもしれませんが、我が家の掃除機と比較したら全く問題ないでしょう。

 

機種にもよりますが1万円切るものから2万円代ととても安いです。

 

吸引力と価格のバランスからオススメされたのが、マキタ 充電式クリーナ 10.8V バッテリー・充電器付 CL107FDSHW。重量はなんと1.1㎏。重心は上ですが、この軽さなら女性も軽々操作できます。

 

ノズルはセットまたは別売りで購入可能。でも布団用ノズルは無く、絨毯用ノズルを布団に使用している人がいるようです。

おわりに

候補の商品を2つあげましたが、私の心はほぼエレクトロラックスに決まっています。今晩にでもポチりそうです。

 

購入した商品についてはまた後日レビューしますね!

買い物生活
スポンサーリンク
この記事が「いいね!」と思ったらシェアお願いします
ちえをフォローする
スポンサーリンク
ちえのて

コメント