めっちゃ痛かったけど普通分娩(経膣自然分娩)で良かったと思う理由

スポンサーリンク


海外ではメジャーな無痛分娩。最近では日本でも無痛分娩を選択する人が増えてきました。でも、私が出産した病院では無痛分娩はやっておらず、普通分娩で息子を産みました。

それはもう痛くて痛くて…それでも、二人目も普通分娩の予定です。痛いとわかっているのに、また普通分娩の病院を選ぶなんて不思議に思う人もいるかもしれません。

そこで、私が普通分娩で良かったと思う理由をあげてみます。普通分娩と無痛分娩で悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

普通分娩で良かったと思う4つの理由

出産は痛いです。本当に。でも、終わってしまえば、そんなに悪くないと思っています。痛みも忘れますしね。周りの普通分娩をしたママ達も、同じ話をしていましたよ。

私が感じた「普通分娩で良かったと思う理由」は以下の4つ。

1.人体のスゴさを体感できる

出産時は、自分の体が自分の体ではないような感覚に陥りました。出産時の痛みは感じませんでしたが、とにかく陣痛の腰の痛みと便意との戦いで辛かった…

初めてと言って良いほどの汗をかき、もだえ苦しみました。でも、産んでしまえば次の瞬間には普通に!(夫はビックリ)

骨盤が広がるとか、子宮口が10センチも開くなんて、人間の体ってスゴイ。それを痛みとともに体感できました。

2.かつてない程の達成感で泣ける

産まれた赤ちゃんを見た瞬間、自然と涙が出てきました。それはもう達成感でしかありませんでした。あの達成感は、これまで味わったことは無いし、これからも無いでしょう。

その次に、赤ちゃん元気そうで良かったー!って感じです。普通は、「赤ちゃんにやっと会えて嬉しい!」とか一番に思うのだと思いますが、「頭尖ってるし、腕が毛モジャだけど大丈夫?」とか言っちゃいました。

あ、心配しないでくださいね、もちろん「可愛いー!」って心から思っていましたよ。

3.夫に心から感謝される

あのヤバイ苦しみ方を見たら、妻に感謝しない訳がありません。

産んですぐに、「産んでくれてありがとう。」と言ってくれました。嬉しかったです、頑張ってよかった…。

4.ママ友と出産話で盛り上がる

経験した者同士の話は最高に面白いです!同じ出産なのに、人によってビックリするほど違うのです。
  • 出産までの流れ(陣痛の間隔、出産までの時間など)
  • 静かに産めたか、暴れたか
  • 痛みをどうやってしのいだか
  • 立ち会った旦那さんの様子
  • 暴言はあったか
  • 気を失ったか
  • 出産中のハプニング

などなど。ネタは尽きません。

私は夫に「陣痛の合間に寝てたよ。すごい痛そうなのに、よく寝れるなーって思った。」と言われましたが、その後ママ達と話をすると、「気を失ってるんだよ!」と言われました。

微弱陣痛からはじまり50時間寝ていなかったので、寝ていたのか気を失っていたのかわかりません。でも、陣痛の合間に意識が遠のく事はよくあるみたいですね。出産後にママ友に話して初めて知ることもありました。

おわりに

普通分娩を経験した私なりの感想でしたが、いかがでしたか?私の弟の奥さんは、3〜4日の壮絶な出産で本人も周りもヘロヘロになりましたが、全員が笑いながら出産話を教えてくれました。

産んでしまえば、赤ちゃんには辛さを吹き飛ばす破壊力があるんですよね!

あと4ヶ月後、また出産が待っています。場合によっては帝王切開になるかもしれないですし、出産前に悲しいことが無いとも言い切れません。

それでも、今回はどんなドラマが待っているのだろうと楽しみにしている自分がいます。

ネットには普通分娩の痛い話ばかり出ていて不安になると思います。でも、普通分娩で良かったと思っているママも結構いることも知ってほしいなと思い、この記事を書きました。

これから出産を迎える妊婦さん、痛みも良い思い出になるはず!一緒に頑張りましょう。

こちらの記事もいかがですか?

スウィートマミーの授乳ブラを試してみた!優しい付け心地、ホールド力あり
まだ妊娠初期なのに、どんどん太り始めているちえです。軽い悪阻もあり、これまで付けていたグラモアブラが窮...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする