1歳の息子と子連れ結婚式参列!持ち物や反省点、感じたことのまとめ

スポンサーリンク

息子と一緒に結婚式に参列してきました!結婚式までの期間、リングボーイをしっかりできるかどうか、挙式中静かにしていられるか、お昼寝をできずに騒ぎ出さないかなど心配は尽きませんでした。

結局リングボーイはできなかったのですが…

【リングボーイ体験談】1歳11ヶ月の息子は抱っこから離れなかった
私の弟の結婚式で、1歳11ヶ月の息子がリングボーイを頼まれました。息子はしっかりと歩けますし、人見知り...

心配事の一つに持ち物もありました。何かトラブルがあっても備えられるように、万全の準備をしておきたいですよね。私が用意したものをバッグ別でまとめてみました。

また、結婚式に参列してみて感じたことや反省点なども参考にしてもらえれば嬉しいです。

子連れ結婚式の持ち物

持ち物はそんなに多くありませんでした。普段の持ち物とほぼ変わりません。

パーティーバッグ

パーティーバッグには、私の物だけ。

  • 財布
  • 化粧品
  • ハンカチ・ティッシュ

サブバッグ(マザーズバッグ)

1歳11ヶ月ともなると、荷物はかなり少ないです。

今回の結婚式の為に、横型のパーティー用のサブバッグを購入しました。横型でマチが広い為、私には十分なサイズでした。赤ちゃんの荷物には小さすぎるのでおすすめしませんが、冠婚葬祭、お受験など様々な場面で使えそうです。

子連れ結婚式のマザーズバッグはどうする?横型のサブバッグを購入
今週末、私の弟の結婚式に夫婦+息子で出席します。そこで悩んだのが、マザーズバッグ!子連れの結婚式となる...

  • マグ
  • おやつ(3つ)
  • おむつ&おしりふき
  • 手口ふき

上記の子供用の荷物に加え、私はご祝儀とミラーレスカメラもサブバッグに入れました。食事セット(スタイやフォーク)は準備しませんでしたが、心配な方は準備しましょう。

息子のリュック

普段から玩具を入れて背負わせているリュックを持参。でも、会場でリュックを背負うタイミングは無し。サブバッグに中身を入れてしまえばよかったです…

  • 音の出ない玩具
  • シール

玩具のおすすめ!はがせるシール

100均のプックリとしたシールは、簡単にはがせるのでおすすめです。会場が静かになる祝辞のタイミングでシール遊びをさせると、シールに夢中になり、大人しくしていてくれました。

また、トミカをいくつか持っていきましたが、皿やグラスでいっぱいのテーブルの上では遊ばせられませんでした。

クロークに預けるもの

手持ちのバッグが小さい場合、クロークに預けられるものは預けてしまいましょう。
  • 着替え
  • おむつ(予備2つ程度)

式場のありがたい子供向けサービス

子供向けのサービスが充実している結婚式でした。その内容をご紹介しますね。

お昼寝をしたら寝かせる場所があるか、お食事セットが用意されているかどうかなどは、会場に電話で確認してみるのも良いと思います。

1、披露宴会場にキッズスペース

キッズスペースが用意されていました。眠くてグズグズしていましたが、キッズスペースのおかげでご機嫌に。おそらく玩具は新郎新婦の持ち込み。

2、子供用食事セット

立派な料理を用意してくれていました。大人から見ても魅力的なコース料理。この後には、立派なスイーツまで出てきましたよ!

  • お食事用のエプロン
  • 取り皿
  • フォーク
  • スプーン

これらのお食事セットが用意されていたため、食事関係は何も持参せずに行きましたが問題ありませんでした。

3、ハイローチェアの用意

0歳と1歳の子供の席の隣には、ハイローチェアが用意されていました。披露宴の途中から昼寝をしたのですが、すぐ近くで寝かせておくことができてとても助かりました。

テーブルでの集合写真のタイミングでは、椅子を起こして寝たまま撮影してもらえました。

息子の衣装についても記事にしています。

1歳の子供の結婚式の服装って難しい!コムサイズムとGAPで揃えた
もうすぐ私の弟の結婚式があります。私は母の色留め袖で出席するので、今からワクワク!さらに、1歳10ヶ月の息子...

反省点や感じたこと

結婚式に参列してみて、私なりの反省点や感じたことをまとめます。

【反省点】おやつは多めに

食事もあるし、お菓子は3袋あれば十分だろうと思いきや、挙式中に息子の空腹はMAXに!あっという間に完食してしまいました。もっと欲しいと駄々をこね始めたので、他のママから分けてもらって対処。

披露宴が始まってもすぐには食事が出てこない為、おやつを増やしたり簡単につまめるパンなどを持って行くべきでした。

【感じたこと】時間のコントロールは難しい

結婚式の5日前から実家へ帰省し、生活リズムが崩れた日が続いていました。その影響なのか、普段は午前中に寝ることは無いのに、行きの車で睡眠。途中で起こされたため、寝足りずグズグズ…

さらに、初めて見る結婚式の雰囲気や音、人の多さなどの影響で、眠くてもすんなりお昼寝できる訳がありません。

普段なら、公園で体を動かして、この時間までには寝かせるぞ!とある程度コントロールができるのですが、結婚式では難しいですね。

【反省点】着物が汚れた

ひたすら抱っこをしていたため、愚図った息子の鼻水(風邪治りかけ)が着物に付いてしまいました。眠くて顔をこすり付けるため、沢山のシミが…翌日クリーニングに出すと、二万円もかかってしまいました。

大きなハンカチを息子の顔が当たる部分にかけておけばよかったー!と反省。

【感じたこと】ギャン泣きでなければ意外と平気

 挙式中に声を出しても意外と平気かも!と思いました。息子が声を発するたびにヒヤヒヤしましたが、子供が多かったこともあり、親族席は全体的にざわざわ。

ギャン泣きが続けば退席するべきだと思いますが、一時的に子供たちがお話ししたりグズグズしているのは仕方ないこと。

それによって不快だと感じる人は少ないのではないでしょうか。

今となってはそう思えますが、結婚式の何日も前から息子が騒がないか心配で心配でたまりませんでした。

まとめ

 子連れで結婚式に参列するママの気苦労といったらもう…そんなママのお役に立つ情報はありましたでしょうか。

万全の準備をして、あとはどうにでもなれ!と覚悟を決めて参列してくださいね。思いっきり楽しみましょう。

当日は家族写真も忘れずに。大変ですが、子連れ結婚式はとても良い記念になりますよ。